スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | TOP

『ママの毎日』

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

インスタグラムで見かけた話です。
ブログでシェアさせていただきます。

『ママの毎日』

独身の頃
ヒールの靴が好きだった

お酒は苦手だったけれど友達と過ごすお酒の場の楽しい雰囲気が好きだった

好きな音楽はミスチルでいつもウォークマンに入れて好きな時に聴いていた
電車の中でゆっくり本を読むのも好きだった

お風呂では半身浴をして
美容院には2ヶ月に1回は必ず行っていた

お化粧するのも好きだった

1人で行く映画館が好きだった

流行りの雑誌を買い

流行りの曲を聴き

流行りの服を着て

流行りの場所へ好きな時に出かけた。


そんな私は 今
泥だらけのスニーカーを履き
子どもたちの着替えやオムツが入った大きなバックを肩にかけ
ちゃんとした化粧もせずに 髪を一つにくくり
毎日 子どもたちの手を繋いで公園へ散歩に行っている。

聴く曲はミスチルからアンパンマンマーチに変わった。

眺めているのはファッション雑誌から
子どもの母子手帳や幼稚園からの手紙に変わった。

考えていることは

今日の夕飯のメニューと
長女が幼稚園から帰ってきたあとのおやつ、お風呂、夕飯の流れの確認。

今日の天気で洗濯物が乾くかどうかと
明日の長女の遠足が晴れるかどうか。

最近眠くなると激しくぐずる長男を昨日つい怒ってしまったから
今日は早く寝かせてあげよう。
今日は怒らないでおやすみをしよう。

そんなこと。


毎日 押し流されるように迫ってくる日常があるから
キレイに片付いた部屋も
大の字で朝まで眠れる夜も
ゆっくり塗れるマスカラも
なんだかもう思い出せない。


そう。

思い出せないから

私たちは つい 忘れてしまうのだ。


この毎日が

ずっと続かないということを。


1人でゆっくりお風呂に入れるようになったら
湯船の中 あなたと向き合い数を数え
柔らかく響いたあなたの声を 私は思い出すのでしょう

1人で好きなだけ寝返りをうち眠れるようになったら
どこまで寝転がっても隣にいないあなたのぬくもりを
私は探すのでしょう

好きな音楽のCDを好きなだけかけられるようになったら
この部屋の中に溢れていたあなたの笑い声を思い出して
私は泣くのでしょう

好きなだけお化粧に時間をかけられるようになったら
私の洋服をひっぱり 膝の上によじ登り
私のやることなすことをお邪魔してくるあなたのその小さな手を思い出して
私は泣くのでしょう

好きなだけヒールが履けるようになったら
笑い転げるあなたを追いかけて走り回り
泥だらけになって遊んだあの空を思い出して
私は泣くのでしょう

自分とパパの洗濯物だけを回す日々が訪れたら
砂まみれの靴下も
おしっこを失敗したズボンも
牛乳をひっくり返したシャツも
洗濯カゴにないことを知って
私は泣くのでしょう

あなたの足音がしない部屋の掃除機をかける日が訪れたら
粉々になったビスケットの食べこぼしも
小さなおもちゃの部品も
あなたの細い柔らかい髪の毛も落ちていないことを知り
私は泣くのでしょう

1人で好きなことを 
好きな時に
好きなだけ出来るようになったら
どんな時も「ママ」「ママ」と私を呼び
どんな時も私のことを探しているあなたの姿を思い出して
私は泣くのでしょう

一体いつまであるのかな

一体 いつまでここにいてくれるのかな

そして

そんなことを考えているうちに

また 今日も終わってしまった。

私たちの日常は「子どもが側にいる『今』」だから
子どもから離れて1人になれた瞬間が特別に感じて
好きなことを堪能できる喜びを噛み締めるけれど

でも 自分の人生を考えてみたら
特別なのは
本当は 子どもが側に生きているこの毎日の方。

でも 私たちはそれを忘れてしまう。

なんだか ずっと続くような錯覚を起こして毎日を過ごしているけれど

大変に思えるこの毎日に

数えきれない 愛しい が散りばめられていることを

私たちは いつか知るのです。

子どもたちが この世に生まれてから今日まで
ママとパパのために
全身を力いっぱい使って思い出を撒き散らしてくれていたことに
私たちは 過ぎてから気付くのです。

ママの毎日は

ママでいられる毎日です。

私たちは この命が尽きるまで
どんなに子どもと離れていても子どもを思い、心配し、愛し続ける 子どもたちの母親だけれど
でも 子どもたちの側で『ママ』でいられることの出来る日の
なんて短いことかを
いつか思い知るのでしょう。

今日もあなたは 屈託のない笑顔で振り向き
「ママ!」と言って
両手を広げて こちらに飛び込んでくる。


忘れるものか。

絶対に。

絶対に。

あなたの前髪を切り過ぎて笑った昨日を。

あなたを怒って自分に涙が出た今日を。

あなたの寝相に笑った夜を。

あなたが摘んでくれたシロツメクサの白さを。

あなたに許された私を。

あなたがいてくれるこの毎日を。


私は 絶対に忘れない。

ミスチルも好きだけど
Eテレの歌に感動することを知った

ヒールも好きだけど
スニーカーの安心感が好きになった

自分のことが一番大切だった

そんな私に

自分の命よりも大切だと思える存在がこの世にはあると教えてくれた子どもたちに

心から 感謝を。

P4290097.jpg


原文はコチラ⇒【ママの毎日


+++こちらの管理人をしています+++

にほんブログ村 トラコミュ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村 トラコミュ sarasa design storeへ
sarasa design store

お気軽にご参加ください♪


+++インスタグラム更新中+++

Instagram



ご訪問ありがとうございました。
どちらかクリックいただけると嬉しいです。


スポンサーサイト

2016年05月20日 | こども | TOP

慣らし保育終了とお花見

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

早いもので今日で慣らし保育も終了です。

【慣らし保育5日目】
ももは朝からシクシク泣いていました。
慣らし保育が始まり、今までと違った泣き方になりました。
そしてこの日は、抱っこしようとしてもこなくて、しばらく離れたままでした。

今までで一番泣きながら着替え、車の中でもずっと泣いていましたが、
園に着くと気になっている同じクラスの女の子を発見。
「あのお友達がいた!」とももの涙が止まりました。

実は慣らし保育3日目に、
『うさぎのワッペンを付けてニコニコしている子』が気になると教えてくれたのですが、
名前がわからなかったので連絡帳にそのことを書いたものの、
先生も「ウサギ付けてる子多いんです~」とのことで、
もものお気に入りが誰かわからなかったのです。

そのお気に入りの子が目の前を歩いていった!

わたしは後姿しか見なかったので、
急いで朝の支度を済ませ、3人で朝の部屋に向かいました。
そして、ちょうどももの担任の先生がいらっしゃったので
「うさぎのワッペンの子、さっきこの部屋に入って行きました!」と報告。
先生が探し出してくれ、もも満面の笑み。先生ありがとうございます。

この日はその子とたくさん遊べたらしく、
お迎えに行ったときも今までで一番普段の笑顔に近い顔で笑っていました。
わたしはようやく週末だ~と一気に疲れが出て、
ももいろの遊ぶ様子を見ながらソファでお昼寝。


【慣らし保育6日目】
いよいよお昼寝スタート。
週明けということもあって、朝からもも号泣。
園に着いても泣き止まず、朝はずっと泣いていました。
先生の話によると、お昼寝のときも泣いてしまって結局10分ほどしか寝なかったそう。

お迎えのときはおやつの直後だったこともあり、
ニコニコして椅子に座っていました。あぁ、なんていい光景♡

いろは、仲良しのお友達の隣で寝れることが嬉しいらしく、
お昼寝初日からぐっすり寝たそうです^^

そして今日は慣らし保育最終日。

朝、ももは一言も「保育園行きたくない」と言わず、
自分からさっさと着替え、準備も済ませていました。
わたしもビックリで、登校準備をしていた長女と次女に
「ももが自分で着替えてるんだけど(((( ;゚Д゚)」と報告。

2人も、ももの性格をだいぶ理解しているので、
「上手に着替えてるね~」などとは声をかけずこっそり見物(笑)

わたしより先に玄関へ行き、靴まで履いていました。

園に着いても、サクサク支度が終わり、
朝の部屋に未就園児クラスでお世話になっていた先生がいたこともあってか、
2人ともわたしのことなんか見向きもせず足早に部屋に入り、
バイバイタッチすらできませんでした。
しかも催促しても来ず( ̄∀ ̄;)

昨日はももの泣き声に後ろ髪を引かれながらでしたが、
今朝は2人にフラれ、とぼとぼと園をあとにしました。


保育園は楽しいところだって思ってくれたのかな。

親としてはすごく寂しい出来事でしたが、また一歩前進したってことですね。


最後にお花見の写真をダーッと。

春休みに小雨の中、5人でお花見。
食べてる途中で本降りになってきたので早々に引き揚げました。
kako-evzWRQkwrYKnbPgM.jpg



こちらは家族でお花見。
P4020168.jpg



P4020174.jpg



ちょうど満開でした。
P4020188.jpg



P4020192.jpg


最近は慣らし保育の記事ばかり続きました。
こうして、リアルタイムでももいろの様子や自分の気持ちを残せたこと、
本当によかったと思います。
お読みくださった方、ありがとうございました。



+++こちらの管理人をしています+++

にほんブログ村 トラコミュ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村 トラコミュ sarasa design storeへ
sarasa design store

みなさまのご参加をお待ちしております♪


インスタグラム更新中
Instagram



◆今日のおまけ◆

夜桜見物。
お花見がこれからという地域のみなさん、たくさん楽しんでください♡
P4020197.jpg



ご訪問ありがとうございました。
どちらかクリックいただけると嬉しいです。

シンプルライフランキング


双子ランキング

2016年04月12日 | こども | TOP

慣らし保育4日目*くろくんとなぞのおばけ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

慣らし保育3日目の夜、寝る前に読んだ絵本。
『くろくんとなぞのおばけ』
P4070296.jpg

朝、目が覚めるときいろくんがいなくなっていました。
次の日はおうどいろくんとちゃいろくんがいない。
そして次の日はあかさんとピンクちゃんが・・・。
最後はくろくん1人だけになり、みんなを探しにいくというお話。

読み終えて、
「明日、保育園のくれよん見てみようか。
 もしかしたら、きいろくんいないかも。」と言ってみました。

3日目の夜、いろが口の片方だけを上げて苦笑いをしたのが気になりました。
保育園自体は楽しく行っているものの、
きっと、いろも緊張したり不安になったりしているのだと思います。
いつも以上に抱っこして話を聞いてあげるように気を付けています。

・ ・ ・ ・ ・

慣らし保育4日目の朝。
やっぱり「行きたくない~ママがいい~」と泣いているもも。
いろは早々に着替えを終え、早く行きたそう。

とりあえずももを抱っこして、うんうんと全部話を聞いたら落ち着いたのか、
ん~ん~とベソをかきながら自分で着替え始めました。
いろは急に足が痛いと言い出したので、
今度はいろを抱っこして(普段はこういうことでは抱っこしないけど)、
「どこが痛いの?」と薬の代わりに保湿剤を塗ってあげました。
子育て史上、今が一番優しいかも(笑)

ももは、ん~ん~と言いながらも靴は自分で履き、
車に自ら乗り込んでくれたので、ちょっと助かる(笑)
これが、着替えも拒否、何もかも拒否だったら心折れます(T∀T)

保育園に着き、朝の支度が済んだら「くれよん見てみよう!」と
一緒にお道具箱の中のくれよんを確認。
「よかったね~、きいろくんあったね~!」ときいろくんを見つけて笑顔になりました。
でも、結局離れる頃になると泣いて泣いてしがみついていました。

いろはスーッと部屋に入って行こうとしたので、
わざわざ呼び止めて(笑)、タッチをしました。やっぱり大丈夫そう( ̄∀ ̄)

3日目と違い、お迎えに行ったときは、
ももはお友達を見ながら笑っていました(ひきつってはいたけど)。
わたしを見つけるとベソをかいたものの、すぐに笑顔になり
給食の話などをしてくれました。よかった。
あ、いろはすっかり馴染んで、わたしを見てもテンションは変わらず
特に喜ぶような素振りも全くありません(笑)

昨日は朝から春の嵐。
保育園でもお散歩に行けなかったので体力もあり、お昼寝なし。
P4070297.jpg



「はじめてきるほん」を一緒にしました。
P4070299.jpg


上からもも、いろ。
パンツを履かせています。
P4070305.jpg



こちらは目を付けてあげています。
P4070304.jpg

お友達がももにオモチャを貸してくれようと
わーっと一斉に寄ってこられるのがコワイみたいで、
泣きながら教えてくれました。
昔から、周りがハイテンションなほどテンションが下がる性格だったので容易に想像はつきますが、
お友達も気にかけてくれている証拠なので、こればっかりはね。

ももが保育園の話をしてくれるときは、
うんうんと話を聞き、「こういうところがイヤだったんだね」と繰り返してあげる。
「でも保育園は楽しいところだよ」とは言わないようにしています。
代わりに「今日は〇〇した?」と園での様子を聞き、
その日あったことを思い出してもらいます。
その日のことを思い返す過程で、
自分で『楽しかった』ということを感じてくれるようになるのが一番だと思っています。

夜ご飯の最中にもやっぱり泣いてしまったけど、
泣くもんだと今の状況に慣れるしかない。

まだ無職の身なので、朝保育園ですれ違う他のママさん達が眩しく見え、
不採用の通知をもらったりすると、
わたしは社会に必要とされていないんじゃないかと落ち込んだり。
友人は「今のうちに1人の時間を楽しんでね」と言ってくれましたが、
全然そんな気分にはなれず。。。
ハローワークの担当の方との付き合いも長くなり、
「まだ決まらないのね」と思われているんだろうな~と暗いことを考えたりします。
仕事が決まらないのはいろいろひっくるめて完全に自分のせいなので、
ぐだぐだ言っても仕方のないことなんですけど。。。
今は心配事が重なり、ちょっと気分が落ちやすくなっています。

そんなときでも、笑わせてくれるのはやはり子ども達で、
小学5年生になった長女は今朝登校前にブローなんてしてたし、
小学3年生になった次女は「今日は2時49分下校だって」と言っていました。
いやいや、49分下校なんて、そんな半端な時間はないでしょう(笑)

焦らず、心乱さず、過ごしていきたいです。



+++こちらの管理人をしています+++

にほんブログ村 トラコミュ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村 トラコミュ sarasa design storeへ
sarasa design store

お気軽にご参加ください♪


インスタグラム更新中
Instagram



◆今日のおまけ◆

保育園で使っているハブラシとコップ。
「ももちゃんコレ好きじゃない」と言っていたので
「これキティちゃんのお友達だよ」と言ったら「やっぱり好き!」だとさ。単純♡
P4070307.jpg



ご訪問ありがとうございました。
どちらかクリックいただけると嬉しいです。

シンプルライフランキング


双子ランキング


2016年04月08日 | こども | TOP

慣らし保育3日目*ついにきたあの言葉

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

慣らし保育3日目の朝。
ももちゃん、保育園行かない!

・・・でた、ついにこの言葉が。

着替えも拒否で、行かないもん、お留守番するもん、と拗ねたように連呼。
とりあえずまだ時間もあったので、そこまで気にしないように軽くスルーで、
他の準備をしていました。

いよいよ着替えないとマズイ時間になったので、
「お着替えしようか」と言ったところ、

保育園でママと一緒がいいの~!」と号泣(T∀T)

抱っこして
「そうかそうか、ママと一緒がいいのか。
 一緒じゃないから行きたくないんだね。」と話すと、
「うんうん」と頷いて泣いていました。

「じゃあ、先生にママと一緒がよかったって、おたより帳に書いておくね」
と言ったら、なぜかすぐに笑顔になりました。

笑顔で着替えてくれて安心したのもつかの間、
「いろちゃんは〇〇ちゃんと遊んでね!ももちゃんはママと遊ぶから」と。

おーっと、何か勘違いしているぞ( ̄∀ ̄;)

わたしは、「ももが悲しくて泣いた」ということを書いておくねと言ったつもりが、
ももは、「ママと一緒がいいから、ママも一緒に行きます」と書いてもらったと思ったみたい。

あぁ、これはマズイ。
嘘ついてることになるし、がっかりさせるパターンだ。
でも、とにかく園に向かわなくては。。。

ニコニコのまま自分のクラスへ行き朝の準備を済ませ、
いざ離れる時間になりました。
「やっぱり大人は入っちゃダメってここに書いてる」と
ただの連絡事項の貼り紙を指差し説得しましたが、
もちろんそんな技は通用せず号泣アゲイン。
しがみついて泣き叫ぶもも。
「ママお仕事行ってまた迎えにくるからね」と先生にバトンタッチ。
先生もそこはプロなので、ガーッと掴んで抱っこしてくれました。
いや、ホント先生すごいわ。

ももの大声を聞きながら園をあとにしました。


もしかすると給食前に電話がかかってくるかもと心配していましたが、
お迎え要請の電話はなく、予定通りの時間に迎えに行くと・・・
もも、すでに半べそ。
わたしを見つけると「ママがいい~!」とわーわー泣き出しました。
先生のお話によると、給食は完食していたし、
お散歩の時間もニコニコしていたそうです。

そして、次はいろの教室へ。

みんなで座って一緒に歯磨きをしているところでした。
わたしのほうをチラッと見て、また歯磨き続行。

2日目の記事に書きそびれましたが、
いろは2日目にはある1人のお友達の名前を覚えてきて、
給食も女の子4人で何か話しながら食べていたそうです。
今日もそのお友達と手を繋いだりしたようです。
すっかり馴染んでます(笑)


長女は初めて託児に預けたときから笑顔で過ごしていて、
保育園や幼稚園に入ったときも泣いたりしませんでした。
いろは長女タイプのようです。

次女は2歳0ヶ月から保育園へ行きはじめ、
3歳半過ぎまで毎日のように泣いていました。
ももは次女タイプなのかな。

夜ご飯の最中も、
「明日保育園行きたくない」と泣き出したもも。
励ますのではなく、
抱っこしてただ話を聞いてあげました。
抱っこしている間は泣きながらも、
保育園であったことをいろいろ話してくれ、
次第に落ち着いてきました。

朝泣かれることは次女のときに経験していて大丈夫だろうと思っていましたが、
やはり目の前で泣かれると全然ダメですね(T∀T)
でも、今の時期、全国でこういう状況真っ只中のママさんたちがたくさんいると思うと
とっても心強く、励みになります。

いろは心配いらないかというとそうでもなく、
感情を爆発させるももとは対照的に感情を抑え込む性格で、
楽しいながらも緊張していることは確かなので、
いろにも寄り添ってあげたいなと思います。


さて、4日目は一体どうなるだろう。


+++こちらの管理人をしています+++

にほんブログ村 トラコミュ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村 トラコミュ sarasa design storeへ
sarasa design store

みなさまのご参加をお待ちしております♪


インスタグラム更新中です
Instagram



◆今日のおまけ◆

小学校も新学期が始まりました。
提出物は、翌日には提出できるように心がけています。
P4060294.jpg



ご訪問ありがとうございました。
どちらかクリックいただけると嬉しいです。

シンプルライフランキング


双子ランキング

2016年04月07日 | こども | TOP

慣らし保育2日目*のち散歩

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

今日は慣らし保育2日目。
昨日と同じように3時間保育の予定でしたが、
初日の様子が落ち着いていたので、急遽給食まで食べて帰れることになりました。

その間、やっとこさ雛人形をしまいましたよ~( ̄∀ ̄)
P4050224.jpg

お迎えに行ったとき、ももは絵本を読んでいる先生の膝にもたれかかりウトウト。
わたしの元へ来たときは、への字口で今にも泣きそう。
あとで本人に聞いた話によると、
歯ブラシがなくて泣いてしまったそう。

初日は歯ブラシを持っていっていたものの、
今日まで給食なしの予定だったので、歯ブラシはリュックから出したばかりでした。
ごめんよー。

一方のいろ。
お迎えに行ったときは、先生が絵本を読んでくれている最中でした。
先生が「いろちゃん、ママ来たよ~」と呼んでもその場を離れず。
結局、絵本を読み終わるまで座ったままでした。大物!(笑)

給食は、2人とも完食したようですが、
ももは食べ終わるのがクラス(縦割り)で一番最後だったようです。

まだ2日ですが、こうして2人の様子を見ていると、
別々のクラスでよかった気がします。
いろは優しいところがあるので、もものことを心配して、
やりたいことをセーブしてしまう傾向があります。
クラスが分かれたことによって、自分だけの気持ち優先で行動することができ、
より自分らしく過ごせるのではと思っています^^
歯ブラシがなくても、いたって普通だったようです。



お昼寝して(興奮してなかなか寝ないけど)、おやつを食べたらお手伝い。
P4050234.jpg



その後、みんなでお散歩へ。
P4050240.jpg



P4050248.jpg



P4050249.jpg



P4050250.jpg



P4050277.jpg



P4050279.jpg



四葉のクローバー。なんと、結局7つもGET。
P4050286.jpg



次女といろも見つけました。
P4050288.jpg

長女がなかなか見つけられず大苦戦していました。
ようやく1つだけGET。



小学校は明日から新学期スタートです。
kako-b4boAlZccXEjrXCg.jpg



+++こちらの管理人をしています+++

にほんブログ村 トラコミュ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村 トラコミュ sarasa design storeへ
sarasa design store

お気軽にご参加ください♪


インスタグラム更新中
Instagram



◆今日のおまけ◆

お手伝いしてくれたピーマンは、きんぴらになりました。
P4050291.jpg



ご訪問ありがとうございました。
どちらかクリックいただけると嬉しいです。
 
シンプルライフランキング


双子ランキング

2016年04月06日 | こども | TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。