スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | TOP

入院にかかった費用

入院にかかった費用について。
双子出産前のどなたかの参考になれば

まずはわたしの分。
切迫早産で8日間入院した分と出産で入院した7日間の合計。

413,969円。

明細を見てわかる範囲の内訳は、

●差額ベッド代 12,000円。
出産後の入院は基本の6人部屋ではなく4人部屋を希望していたので
1日2,000円×6日。
MFICUに入院している間は個室でしたが、(過去記事→切迫早産で入院したときのこと
明細には書いていないので、その分の差額ベッド代は請求されていないようです。
(その部屋しか空いてなかったから??)

●分娩介助料 240,000円。
2人分なので高いですね。

●分娩料 3,150円。(保険外・自費)

あとは食費とかその他もろもろ。
退院前日に38、7℃の熱を出し、インフルエンザの検査をしたりしたので
その分も含まれていると思います。
(あの時は助産師さん達がザワザワしました・笑)

出産一時金が2人分で840,000円もらえるので直接支払制度を利用し、
窓口での支払いは自費の分だけで済みました。


◆週末にびわの収穫◆


・・・・・・・・・・・・・・・

ももいろの入院費。
(入院期間:2月14日~3月14日)

自治体の医療費助成制度で、入院費用は月300円の自己負担となっていました。
(今は月1,000円に上がっています。)

保険給付外の入院費としてかかったものは、
もも 49,810円。
いろ 48,920円。
保険給付外の内訳としては、オムツ代・病衣代。
あとはその他としか書いていないので何にかかった費用なのか不明。

保険適用分の自己負担金、月300円×2ヶ月×2人分の1,200円と
保険外の入院費用の合計で、
99,930円。

結構かかりましたが、出産一時金の余りがあったのでよかったです。




・・・・・・・・・・・・・・・

我が家が田舎にあることは何度か言いましたが、

つい先日、

ホタルが飛んできました。

CIMG5636.jpg

キッチン横のドアが光った?!と思って見るとホタルでした。
CIMG5638.jpg
ガラスに止まってます。窓越しなので画像が見づらくてすみません。

徒歩1分で田んぼ。
徒歩3分でホタルが出没する小川に到着。
なんとものどかな場所です。


◆今日のおまけ◆

わたしがデジカメを探している間に夫がスマホで撮ってくれていました。
コチラが夫が撮影してくれた写真です。
       ↓↓↓
DSC_0044.jpg
ブログに協力的な夫(笑)ありがと♪



お手数ですが、最後にどちらか1つクリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
双子のランキングページにジャンプします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
シンプルライフのランキングページにジャンプします♪

いつもありがとうございます








スポンサーサイト

2013年06月07日 | 双子妊娠・出産 | コメント 0件 | TOP

GCUに入院していたときのこと

【生まれたときの体重】
もも 2,286グラム。
いろ 2,512グラム。

生まれた日に2人ともNICUに入り、翌日GCUに移動。
今日はGCU(継続保育室)に入院中のことについて。
(出産の様子は自然分娩で双子を出産をご覧ください。)

ももは哺乳力が弱く、生後5日目からチューブを使いました。
鼻から胃にまっすぐミルクが届きます。


IMG_0509.jpg

13日間チューブを付けていたので、入院中の写真はほぼこんなカンジ。
IMG_0550.jpg



いろも生後8日目から7日間チューブを付けました。
とても違和感があったのか・・・
IMG_0513.jpg



引っ張って抜いてしまいました!アリエナイ・・・
IMG_0515.jpg



沐浴。(たぶん、いろ)
IMG_0545.jpg


最初の頃はミルクを20ml飲むのも精一杯。
ももは途中で寝てしまって最後まで飲めず、残りをチューブで飲ませることが多かったです。
さらに、母乳はミルクより飲むのに体力を使うためももが直接母乳を飲めたのは
哺乳力が付いてきた生後7日目から。
最初は2mlや8mlしか飲めませんでした。

いろは生後3日目から母乳開始。
40ml飲める日もありました。かと思えば20mlだけの日もあったり
まさに一進一退といったカンジ。


・・・・・・・・・・・・・・・

先にわたしだけ退院。
退院後は冷凍した母乳を持って毎日通いました。
出産したのが2月とまだ寒く、3時間おきの搾乳は結構ツラかったです。特に夜中は寒い!
それでも、オムツ換えなどのお世話を病院でやってくれている分、長女や次女と
過ごす時間が持てました。


朝は長女・次女の幼稚園があるので寝ているわけにもいかず寝不足の毎日。
普段のご飯は母に作ってもらっていましたが、週3回の幼稚園のお弁当(たまにパン)と、
洗濯・掃除は自分でしていました。


病院へは最初の1週間はタクシーを使いました。
片道約2千円。つまり往復4千円。
これを毎日続けると高額になるし、ネットで調べたら看護者のタクシー代は医療費控除の対象外みたいで。
(注)間違っていたらすみません。
出産して2週間後には自分で運転して通いました。


そろそろ退院間近、というときに長女がインフルエンザにかかりました。
家族の誰かがインフルエンザにかかるとGCUには入れず、
入り口で助産師さんに冷凍母乳を渡して帰ります。
搾乳自体はしてもよいと言われましたが、手のアルコール消毒をいつもより念入りに、
そしてマスクを付けてくださいとのこと。

1階には80代の高齢の祖母、持病持ちの父、産後のお世話を引き受けてくれている母。
もしうつしたら一大事。

長女の看病と登園停止の次女の遊び相手をしながら、3時間毎の搾乳&病院へ母乳のお届け。
かなり疲れました。
ももいろに面会できないことと、楽しみにしていた退院が延びたことも精神的にショックでした。

そんななか、単身赴任先から週末に帰ってきた夫。
LIVEのチケットが取れない、どうしよう!とネットを駆使して奔走していました。


さすがにプツン


ケンカは年に1回あるかないかのわたし達。
今思い出してもあれはない・・・。
ま、すぐ仲直りしましたけど。

これがそのLIVEのDVD。
CIMG5482.jpg
BUMP OF CHICKEN。
わたしも好きでLIVEに行ったりしていますが、そんなこんなでなかなか観る気になれず。
すみません、ウソです。たまたま時間がなかっただけデス(笑)
つい先日ようやく観ました。


・・・・・・・・・・・・・・・

さ、気を取り直して。

2月14日に生まれたももいろ。
無事に3月14日に退院することができました。

ようこそ我が家へ!
IMG_0561.jpg


入院中の写真を見ていたら、どっちか区別がつきにくい写真もちらほら。
二卵性でコレってことは、一卵性の双子ちゃんはどうやって見分けるんでしょう・・・。

1ヶ月にかかった入院費用についても、またUPしたいと思います。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。

☆お礼☆
昨日の記事にはたくさんのクリックありがとうございました。
今までで一番多くの方にクリックしていただき正直驚いています。
ご訪問いただいた方、本当にありがとうございました。


お手数ですが、最後にどちらか1つクリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
双子のランキングページにジャンプします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
シンプルライフのランキングページにジャンプします♪


2013年06月05日 | 双子妊娠・出産 | コメント 0件 | TOP

自然分娩で双子を出産

ももいろの出産のこと。


入院中
、出産は正期産に入る2月15日以降を
計画していました。

にほんブログ村 トラコミュ 妊娠・出産エピソードへ
妊娠・出産エピソード



2月14日(36w6d)
朝6時 お腹の痛みで目が覚める。
しばらく待ってみても鈍い痛みは治まらず、
ナースコール。
トイレに行くと破水したような感覚。
(ちなみに長女の出産は破水からでした。)

夫と母に「生まれるかもー」と電話。

当直の先生の内診が終わり、
部屋に戻ってモニターを付ける頃には
我慢できないくらい痛みが強くなっていました。
フーフーと呼吸しながらなんとか耐える。

実は長女の出産のときは初めてでめちゃめちゃ痛く、
まだいきんではいけないのに力が入ってしまい、
なかなか子宮口が開きませんでした。
次女の時はフーフーと呼吸で痛みを逃したおかげで、
子宮口がスムーズに開きました。
そのことを思い出し、今回も
いきまないように気を付けました。(意外と冷静)

朝7時半 分娩室へ移動。
(陣痛の痛みで歩けずにストレッチャーで。)

このとき子宮口は9センチ開いていました。
そのあとすぐに主治医の先生到着。

あれよあれよという間に
たくさんの先生、助産師さんに囲まれる。

途中で帝王切開になったときのために麻酔科の先生と、
生まれてきた赤ちゃんをすぐみてもらえるように
小児科の先生もスタンバイ。
前もって聞いてはいましたがすごい数!

1人が出てくる間、お腹にいるもう1人は
エコーで常に観察されていました。

必死に頑張っているとき、見ず知らずの先生に
「まだまだー!」とか「もっとこう!」とか言われ
一瞬、「この人誰??」とイラっとしたことは
ここだけの秘密です。
あまりの痛さにちょっとおかしくなっていました(笑)


午前8時5分 もも誕生 2,286グラム 

顔を見せられてホッとしました。
体重が2,300グラム未満だったので
そのまま小児科へと連れて行かれました。

しばらくしてまた陣痛が。
でも、1回目で既に体が慣れていて
それほど痛くありませんでした。

(たぶんこのころ夫が到着?!)

1~2回いきんで

午前8時12分 いろ誕生 2,512グラム

いろは体重がしっかりあったので
抱っこさせてもらうことができました。
その後いろも小児科へ。

感動というより、あ~終わった~というカンジ。
全身の力が抜け放心状態。
先生たちもぞろぞろと退室。
助産師さんが
「勤務交代の時間なので代わりますね」と。


あ、変な時間に産んですみません・・・


出血が多く、点滴の液を何回も交換し
それでも止まらなかったので飲み薬も。
3時間以上処置が続き、
結局病室に戻ったのはちょうどお昼でした。

病室では夫が待っていてくれました。


この日は全く動けず、
点滴とおしっこの管を一晩中付けていました。
歯磨きは助産師さんがベッドの上で
手伝ってくれました。
体が重くて足を動かすことができません。
背中は痛いけど、寝返りもできず。


にほんブログ村 トラコミュ 出産レポ~それぞれの感動Story~へ
出産レポ~それぞれの感動Story~



生まれてすぐ、ももいろはNICUに入りました。
わたしは動けなかったので夫が面会に。
次の日にはGCUに移りました。

~母子手帳の記録より~
分娩時間2時間16分
ドクター6人、助産師5人  11人もいた!



15日(翌日)、わたしも車イスでようやく面会に☆

もも。


いろ。
IMG_0480.jpg



こんな大きいのがお腹に入っていたんだ・・・と
改めて驚きました。

GCUには丸1ヶ月入院していました。
その様子はまたUPしたいと思います。

にほんブログ村 トラコミュ ☆2012年生まれのベビちゃん☆へ
☆2012年生まれのベビちゃん☆




淡々とした出産話にお付き合いいただき
ありがとうございました
お手数ですが最後にクリックお願いします♪
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

2013年05月22日 | 双子妊娠・出産 | コメント 0件 | TOP

切迫早産で入院したときのこと

なんとか覚えているうちに入院中のこと。
(入院前の簡単な経緯についてはコチラ。)


入院になったのは、35w5dの検診の日。
(その前の週あたりから子宮口が2センチ開いていて、
 子宮頸管も短くなってきていました。)

にほんブログ村 トラコミュ 妊婦健診へ
妊婦健診

子宮口がこれ以上開くことはないだろうし、
子宮頸管の長さもまだ十分にあるので心配はないけれど、
念のため来週から入院しておきましょうと言われました。
そのあと簡単な入院の説明と内診が終わり、
モニターが終われば検診終了のはずが・・・
モニターの途中でお腹がかなり痛くなって。

ナース室から慌てて助産師さんがやってきて
先生と連絡を取ってくれ、
「このまま入院になります」だって。

えーーーーー!!ですよ。

とりあえずすぐ母に連絡をし
幼稚園バスのお迎えと、
入院用の荷物を持ってきてもらうように
頼みました。

そこから車イスに乗せられ
胸部レントゲン・採血・心電図。

突然の入院で夕食からしか出ないってことで
病棟に行く前に院内のコンビニに
寄ってもらいました。

車イスを押してもらいながらの買い物って
結構緊張します。
何を買うのか見られてるような気がして(笑)
なんとなく、もうコンビニには来れないような気がして
(結局出産まで売店には行けませんでした。)
雑誌も1冊購入。



◆庭のイチゴ、もうすぐ収穫◆
CIMG4561.jpg
(このあと一気に色付き、週末に収穫しました♪)

にほんブログ村 トラコミュ みんなで楽しく家庭菜園へ
みんなで楽しく家庭菜園



病室が空いてなかったので観察室に1泊。

次の日にMFICU(母体胎児集中治療室)に移動。
空いたのが運よく個室でした。
他に2人・4人・6人部屋があったと思います。

部屋には洗面台・トイレ・テレビ・冷蔵庫付き。
シャワーは同じフロアにありました。

入院費が高額になるかもしれないと言われたので
「限度額適用認定証」を用意しました。


にほんブログ村 トラコミュ 妊娠兆候から出産まで マタニティー広場へ
妊娠兆候から出産まで マタニティー広場


・・・・・・・・・・・・・・・

OKが出たのは部屋の中の歩行とシャワーのみ。

でも実際、シャワーまで歩くのが限界で、
シャワーが終わって病室に戻るまでに何度か
立ち止まって休憩していました。
お腹が張るというより、重い!
とにかくお腹が重い。

入院中は1日1回モニターを付け、
心音の確認は1日3回。

この心音の確認。
1人がお腹の奥の方に隠れていると
心臓の場所を探すのが難しくて、
助産師さんによっては苦戦されていた方も。

入院中は張り止めの薬を飲み、
ひたすらベッドで本を読んでいました。

にほんブログ村 トラコミュ 読書へ
読書



◆びわはまだまだ青いです◆
CIMG4565.jpg


土日は夫と長女・次女が遊びに来てくれました。
個室だったので気兼ねなくのんびり。

帰りも見送ることができず窓から眺めるだけでしたが
帰っていく姿を見るのがなんとも切なく・・・。
結構寂しいものがありました。

長女と次女は、平日は夫もわたしもいない中、
両親・祖母とおりこうさんに過ごしてくれました。
幼稚園バスのお迎えに誰も行けないときがあり、
そのときは姉に仕事を早退してもらって
行ってもらいました。(改めてありがとう。)

今回の双子妊娠は、今の環境だったからどうにか
過ごしてこれたと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・

いつか入院になるかもしれないと思って
家の中を整理していたおかげで、
入院中、夫や母に(時には姉に)
足りない荷物を持ってきてもらうときなど
「あの部屋のタンスの何番目の右のほう」などと
比較的簡単に電話でお願いすることができました。
部屋の整理はやっておいてよかったです。


にほんブログ村 トラコミュ 整理整頓・お片づけ♪へ
整理整頓・お片づけ♪


◆今日のおまけ◆

入院中に行われた子供会の入学祈願祭。
(夫が出席。)
846.jpg
コレ、昭和の写真ではありません。
正真正銘、平成の出来事です。




後日思い出したことは追記します。
どなたかの参考になれば嬉しいです。



ご訪問ありがとうございました。

お手数ですがクリックお願いします
   ↓コチラです♪
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

2013年05月21日 | 双子妊娠・出産 | コメント 0件 | TOP

マタニティライフ

双子妊娠中のことについて。

覚えてる範囲で書き留めておこうと思います。


にほんブログ村 トラコミュ 妊娠、マタニティーへ
妊娠、マタニティー



◆6w1d(妊娠2ヶ月) 

産婦人科を受診。
先生:「あら~、双子ちゃんかな?ほら。」
CIMG3949.jpg
心拍が確認できなかったため、
来週また来てくださいと言われました。


◆7w0d(妊娠2ヶ月) 

心拍確認。双子確定。
長女・次女を出産した産婦人科だったので
今回もここで出産するつもりでしたが、
個人病院で、双子には十分対応できないからと
大学病院を紹介してもらいました。


◆7w3d、4d(妊娠2ヶ月)

すでに軽くつわりの症状があったけど、
予定していた友達家族との旅行に参加。(離島)
母はものすごーく心配していました。そりゃそうだ。
IMG_0006.jpg



2日目はつわりが相当きつかったデス。



にほんブログ村 トラコミュ 夏休みへ
夏休み





◆7w6d(妊娠2ヶ月)

大学病院受診。
二絨毛膜二羊膜性双胎の診断。

長女・次女の妊娠経過が順調だったことと、
2人の出産が自然分娩でしかも安産だったので、
(長女:5時間20分/次女:4時間52分)
今回も自然分娩でも大丈夫だろうと言われました。

ただ、
・最初に出てくる子の頭が下向きなこと
・母体が健康なこと
・お腹の子が2,000グラム以上
という条件付き。


初めての大学病院での出産に初めての双子。
これに初めての帝王切開まで加わったら
緊張しまくると思ったわたしは、
自然分娩を希望しました。



・・・・・・・・・・・・・・・


幼稚園が夏休みに入ると同時にギブアップ!

母に3食用意してもらうことにしました。
ご飯のお世話になっている分、
お風呂だけはなんとか頑張って2人を
いれていました。

1日中、横になっているかトイレの中。

長女と次女の妊娠のときは
コーラとマックのポテトにはまりました。
あと、牛肉。
食べるとつわりも少し落ち着きます。

でも、双子妊娠中はコレ!というものがなく
本当にツラかった。
トイレにいる時間が多く、フタ裏に書かれた説明を
いつも読んでいました。
おかげで、サービスセンターの電話番号を暗記するまでに。


とにかく今回のつわりはキツく、
ほとんど何も食べられない日も多かったです。


14wあたりからつわりも落ち着きました。


毎月たくさんの写真を撮っていますが、
この年の8月は丸々グッタリしていて、
今見てみたら写真を撮ったのは、たったの1日でした。



◆16w1d、2d(妊娠5ヶ月)
最後の4人での家族旅行。
IMG_0118.jpg
このときはまだ普通の洋服を着ていました。


にほんブログ村 トラコミュ 子どもとおでかけ♪へ
子どもとおでかけ♪




妊娠5ヶ月~6ヶ月のときは
幼稚園の運動会やバス旅行も
無事に参加できました。


◆22w6d(妊娠6ヶ月)
インフルエンザの予防接種。



◆24w3、4d(妊娠7ヶ月)
YUKIのLIVEに2日続けて参戦。
さすがにお腹も大きく、動きも抑えめに。



もともと体が丈夫で、特に大きなトラブルもなく
順調に過ごしていました。
後期には貧血気味で鉄剤を処方してもらいました。



◆32w5d(妊娠9ヶ月)

このときの腹囲92センチ。
845.jpg




IMG_0455.jpg
着ているのは「無印のマタニティウェア」。
タートル(普通用)やレギンス(マタニティ用)も無印。

このちょうど3週間後に「切迫早産で入院」することに。





にほんブログ村 トラコミュ * 無印良品( MUJI )との生活 *へ
* 無印良品( MUJI )との生活 *



さすがにお腹が重く、少し歩くだけで疲れていました。
車の運転もしていましたが、お腹がハンドルに当たることもしばしば。



振り返ってみても、つわりがキツかったくらいで
あとは長女・次女の妊娠中とあまり変わらない日々を
送っていたような気がします。実はあまり覚えてないという・・・

入院中のことや出産のことも忘れないうちに
今度記事にしたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・

◆今日のおまけ◆

どうしても「洗面器が大好き」ないろ。
788.jpg




すっぽり。
CIMG3709.jpg

にほんブログ村 トラコミュ ☆2012年生まれのベビちゃん☆へ
☆2012年生まれのベビちゃん☆




長々とお付き合いいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
よろしければ最後にクリックお願いします
  ↓コチラ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

2013年05月10日 | 双子妊娠・出産 | コメント 0件 | TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。