スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | TOP

家計簿はじめました

おはようございます。
『昨日の記事』にたくさんの応援クリックをいただきました。
友達にはなんやかんや言われる小物達ですが(笑)、
これからも大切にしていこうと思います。
読んでくださった方、クリックしてくださった方、本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今日は家計管理について。



わたしも夫も家計の管理に関して無頓着です。

でも、でも、でも、
やっぱり家計の管理はできるようになりたい!

夫が毎日一生懸命働いてくれたおかげでもらえるお給料。
給与明細を見せてもらい、「お疲れさまでした」の一言は添えるものの、
金額がいくらだったかなんて翌日には忘れてしまっていました。
(明細を見ない月も・・・汗)

通帳も明細も、お金としてではなく
ただの数字としてしか見ていなかったんだと思います。
それって、夫に対してとっても失礼なことだと気付きました。

こども達には
「パパがお仕事頑張ってくれているからご飯が食べられるんだよ」と
よく言っていますが、果たしてわたしはそのことを本当に理解していただろうか。


結婚以来、レシートを貼ってみたり、家計簿を買ってみたり、
家計簿ソフトを使ったり、エクセルで表を作り入力してみたり・・・。
いろいろやるにはやったのですが続かず。

家計簿自体をつけない。
予算を決め、その範囲内で収まればいいことにする。

どちらも考えましたが、
それは一通り家計の流れがわかってからの次のステップかな…と。
月に使える金額もわからないのに予算なんて決められない。


それでも、あまりにギチギチだと無理なので、ルールをいくつか。

・残高は合わせない。(使った金額を把握するのが今の目的なので)
・固定費は家計簿に書かない。
・固定費はエクセル表で管理。
・月の集計が出たら夫に入力してもらう。
(というわけで、夫よ、よろしくお願いします。)



家計の流れがわかれば、他のやり方に変えるかもしれませんが、
とりあえず、こんなカンジでやってみようと思います。
ブログに「家計」というカテゴリも増やしました。
こうやって宣言することで、ヤル気につなげたい(^^;


欲張りなわたしは、ただ家計簿を付けるだけではなく


字をキレイに書くことで、美文字も手に入れようと企んでいます(笑)
P9040231.jpg



7月の『楽天買い回り』で夫用に買っていた練習帳。
(夫、全く見向きもしていません。)
これを見ながら一文字一文字チマチマ書いています。


家計簿が続かなかったわたしが、文字の練習までセットにして
大丈夫だろうかと思われている方もいらっしゃるかと思います。




何を隠そう、



わたしが一番心配しています(笑)




そこで友人・知人へお願いです。
わたしに会ったら「家計簿続いてる?」とどうか聞いてください。
「うん」と答えられるように頑張りますから!!




家計管理をしっかりされている方からすれば
なんだこれ~という内容だったかもしれませんが、
最後までお付き合いくださりありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・

●トラコミュつくりました●

にほんブログ村 トラコミュ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

少しずつトラックバック数が増えてきました。
参加していただきありがとうございます。





・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。
お手数ですがどちらかクリックお願いします。(1日1クリック有効。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
シンプルライフブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
双子ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト

2013年09月05日 | 家計 | コメント 6件 | TOP

コメント

家計簿は・・・

同じく家計簿は続かないので、今は潔く(?)つけないことにしました(笑)

今のやり方は、給料日前日に毎月の固定出費と変動出費(光熱費・クレジット系)をざっと計算して出費合計を出します。
で、お給料はほぼ毎月同じ金額なので、差額を出します。
その差額が純粋に今月使えるお金なので、お給料日におろしてしまいます。
家の封筒に入れて保管し、夫婦で手持ちのお金がなくなるとそこから出すようにしています。
封筒のお金がなくなると、今月は赤字・・・ということですね(キャー)

主人は管理職でもあるので、急な飲み会や出張などもあるため、定額のおこずかい制ではやりくりできないため、必要なときに「ちょうだい」と言ってもらってます。
お金のかかる趣味があるとかでもないし、洋服も仕事ではスーツなので私服は休日しか着ませんが、自分で買うことをほぼしないので^^;、まぁ、月々の出費管理はしやすいほうだと思います。

ただ、私ももっと日々の出費内容を細かく把握して、無駄のないようにしたいと思っています。
saoさんの家計簿トピも楽しみにさせていただきます!

字がきれいな人は素敵ですよね。
私も、息子が時々字の練習をしているので、そのワークブックで私もやるべきかなぁなんて思います(笑
昔お習字習っていたのに、あまり書く字には反映されていないような・・・

2013年09月05日 / くみくみ #eXGbEeWQURL【編集

こんにちは~^_^
家計簿つけはじめるんですね!
私は今までの人生でお小遣い帳からはじまり、結婚してからは家計簿という風にお金の流れをずーっと記録してました。もはや寝る前の日課になってます
パソコンの家計簿ソフトを使っているので、それを起動させれば今、〇〇銀行の残高はいくら、っていうのが一瞬にしてわかるのがとても便利です
でも、案外記録することに安心感を覚えて今後の家計管理計画に反映されてないような気がします(-_-;)
そして、今月使いすぎだと分かっていても買ってしまうこともあるのでダメですね~
振り返ってみたときに去年の光熱費はいくら、とかおもしろいんですけどね
出産前後の入力ができてなくて不明金が20万くらいあったときはビビりました(笑)
saoさんのおっしゃる通りパソコンソフトでの管理は残高を合わせるのが難しいですよね
あと、パソコンが壊れたときの為にこまめにバックアップと、一年の集計くらいは打ちださないといけないのが少々面倒(-_-;)
家計の管理を簡潔化してお金の流れだけを把握するっていうやり方いいですね~
今後に役立てるっていうのが重要なんですよね!家計簿って。難し~
saoさんなりの家計の管理、頑張ってください^_^
そして美文字も!
いつも向上心があってホント尊敬です

2013年09月05日 / ポコ #-URL【編集

■くみくみさん■
なるほど、お給料からの差額を一気に引き出すのはわかりやすくていい方法ですね。我が家はダラダラおろしてしまうので、赤字かどうかの認識もあまりなく(というかたぶん毎月赤字っぽい…)マズイ状況です。
我が家は一応お小遣い制ですが、飲み会代や趣味の文庫本などはカードで支払っているのでかなり曖昧。でも、夫もくみくみさんのお宅と同じく、お金のかかる趣味はなく洋服も一人では買いに行かないので、無駄遣いをしているわけではないので何も言いません。家計管理がんばります!
わたしも習字習っていました(^^)筆で書くことは今でも割と得意ですが、普段の字となるとう~んといったカンジです。字がきれいな友達からもらった手紙などは、よく眺めて目の保養にしています。

2013年09月06日 / sao #-URL【編集

■ポコさん■
あわわわ…ポコさんのように家計簿をきちんとつけている方にこんな記事、本当にお恥ずかしい限りです(> <)
寝る前の日課だなんて、いい響き(笑)わたしは日記やストレッチなど、コツコツ続けるというのが昔からどうも苦手で。ポコさんしっかりしてらっしゃる~!とってもうらやましいです。
出産前後の不明金の額には驚きますね。でも、不明金がいくらかわかっているだけでもやはり違うと思います。我が家は不明金すらわからず非常にマズイ状況です。これからきちんと頑張ってみます。
苦手な家計管理ができるようになったら、なんだか少し自信が持てそうです。(←こういうことは、家計簿が続いてから言ったほうがいいですね・笑)
行き詰ったときはいろいろと教えてください。

2013年09月06日 / sao #-URL【編集

私も家計の管理は苦手です…(;゚д゚)
最近やっと無駄が多いな~っと!(いまさら…(;゚д゚))
少しずつ紙に書いたりしてみて月々のお金の流れを把握しようと頑張っています(T^T)
字は汚いですが書くことが好きなのでのんびりやっていきたいです(^^)お互いファイトですね~(*'▽'*)

2013年09月07日 / ゆかはん #DJ/7.12MURL【編集

■ゆかはんさん■
ゆかはんさんも苦手なんですね。せっかくのお金なので、「なんとなく」使うのではなく賢く使いたいなぁと思うようになりました(遅い!)。最初からキッチリする方法だと敷居が高くて続きませんが、自分のせきる範囲で時にはルールを変えながら続けていけたらいいなと思います。ゆかはんさんも紙に書かれているんですね。自分の手で書くって、最近あまりしなくなったので結構楽しいです。ホント、お互い頑張りましょう。

2013年09月08日 / sao #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。