スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | TOP

母親10年目を前に思うこと

つぶやきです。
長文なのでお時間のある方はお付き合いいただけたらと思います。



長女を出産して母親になり、今年で母親業10年目を迎えようとしています。
今、ようやく育児が心から楽しいと思えるようになりました。
子ども達1人1人の性格が見事に違っていて見ていておもしろい。
ドタバタでもそれはそれで味がある。
ここまで気持ちが整理できているのは、長女を出産して以来、初めてのことです。

長女が2歳~3歳の頃、わたしは育児に悩んでいました。
とても気が強く、お友達のオモチャは顔を引っ掻き力ずくで奪う。
まだ言葉が話せない次女のことも同じように引っ掻く。
それまでの育児が順風満帆だったため、そのギャップに苦しみました。

子育てサロンに行ってもサークルに行ってもお友達と遊んでいても、
いつもいつもお友達を一方的に傷付けてばかりでした。

その頃は周りに同世代のママや同年代の子ども達が多くて、
一緒に遊んだり悩み事を相談するにはうってつけの環境でした。
今でも家族ぐるみでの付き合いが続くお友達家族がたくさんできました。
みんなでいろんなところに遊びに行ったり、BBQをしたり旅行したり。
そのときにしかできないことをたくさん経験し、濃い時間を過ごしました。


一方で悩み事も増えました。

敷地内にはとってもたくさんのママと子ども達。
同じくらいのお友達はみんな仲良く遊べているのに
どうしてうちの子はケンカしてしまうんだろう
どうしてうちの子は言う事を聞いてくれないんだろう
どうして、どうして、どうして・・・

他の子ども達やそのママ達が眩しく見えました。

いつもニコニコしているママ
いつも穏やかに楽しそうに遊ぶ子ども達
いいな、いいなと思うことばかりでした。



いつも家を出る前には
「今日はお友達と遊ぶけど、お顔したら(お顔を引っ掻いたら)ダメだよ。
 約束できる?」と言うのがお決まり。
長女もお友達と遊べるのが楽しみで「うん、しない」と答えます。

でも、やっぱりケンカして帰ってくることがほとんど。

あー、また今日もケンカしてしまった。

家に帰って黒く重いドアを閉めた瞬間から、
「どうして、どうして、どうして・・・」という気持ちばかり。
ちゃんと約束したじゃない。なんで守れないの。

いろんな本を読んだり、魔法の言葉と言われるようなものを冷蔵庫に貼ってみたり。
でも、ちっともうまくいかない。
育児がうまくいかないのはわたしのせい?
わたしがこんな性格だから?
もうどうしたらいいの?
自分の性格がどんどん変わっていくような気がしました。


「ただ生まれてきれくれただけでいい」
そんなことは重々承知で、それでもイライラしてしまうから余計につらい。
イライラしてしまう自分が悪いんだと責めてしまう。


でも、どうしてもお友達と遊ぶことをやめませんでした
わたし自身外に出て気分転換したかったし、
家にこもっていると周りから取り残されるような気分になりました


そしてとうとう、大切なお友達とそのママを深く深く傷付けてしまう出来事がありました

いつも一緒に遊び、わたしと長女のことをよくわかってくれている友達が
ここはよくないよ、ここはもっとこうしたほうがよかったよ、と
親身になってアドバイスをしてくれました。
転勤して離れていた友達も気に掛けてくれ連絡をくれました。
そこで初めて自分のやっていることが独りよがりな育児で
周りが全然見えていなかったということを思い知りました

わたしはいつも攻撃的な長女のことばかり悩んでいたけれど、
長女が誰かの顔を引っ掻くということは、
痛い思いをした相手の子ども、そしてその子のママがいるということ。
そのことをきちんと理解していませんでした。
落ち着くまでお友達としばらく離れるべきだった。
もし一緒に遊ぶのなら何が何でも長女の横を離れるべきではなかった。
フォローも全然できていなかった。
今でも後悔することばかり。


それからしばらくはお友達と距離を置き、
長女・次女と3人で過ごすことが増えました。
そこで自分のことを振り返り、気持ちを少しずつ整理しました。

周りと同じように仲良く遊んでほしいと思っていたこと。
きっと長女はいっぱい甘えたかったんだということ。
いい育児をしなくちゃ、しっかりしなくちゃ、
育児は楽しいはずなんだ、という変なこだわりに縛られていたこと。
いいママだと思われたいと思っていたこと。
知らないうちに自分自身に無意味なプレッシャーをかけていました。



この子はこの子
わたしはわたし


わたしの気持ちが変わったからなのか、
たまたまそういう時期がきたのかわかりませんが、
それ以来長女がお友達の顔を引っ掻くことはなくなりました。

そして、だんだんと以前のようにみんなで遊ぶことができるようになりました。
 

それからはきちんとした育児をしなくちゃというプレッシャーもなくなり、
気持ちがずいぶん楽になりました。
次女が保育園や幼稚園でなかなかみんなと馴染めなくても、
ステージに立って一緒に歌ったりできなくても全く気にならなかった。

きっとそれまでのわたしだったら、
こういうときにも「どうして・・・どうしたら・・・」と悩んでいたかもしれません。
みんなと一緒のことができてほしいと思っていたかもしれません。



自分の育児に自信があるわけでもなく、
ゆるいゆるい育児です

周りからどう思われるかなんて気にせず
自分にできる育児をやればいい
自分が楽しめることをすればいい
そう思うと、ダメな日があってもそれも自分の育児と受け入れることができました


ここ最近、いろは家にいると、起きている時間の3分の1くらいを泣いて過ごしています。
ももと2人で泣いたり絶叫したりもしています。
近所中に響き渡っているであろう泣き声。
先日ゴミを出しているときに近所のお婆ちゃんに
「2人とも泣き声が大きくなったねー」と言われました。
素直に「そうなんです、いっつも泣いてて大変で・・・」と言ったら
「そういう時期があるもんね。でも大きくなっている証拠」と返ってきました。

どん底にいてボロボロのときに「泣き声が~」なんて言われたら、
それはそれは、もうつらかっただろうと思います。
周りからの一言は、心を軽くしてくれたり逆にプレッシャーになってしまったり、
そのときの心のありようで大きく変わってきます。

毎日体力も気力もものすごく消耗するけど、
今はもう、あのときのように真っ黒い気分になることはありません。
楽しかったことも悩んだことも、あのとき自分なりに一生懸命やっていた証。
どれも決してムダではなかったと思います。



家事も育児も協力的な夫
お手伝いを引き受けてくれる長女・次女
学校行事などでは1人預かってくれる母
なかなか会えなくてもいつも気に掛けてくれる友達
見ず知らずのわたし達親子を応援してくださるみなさん
周りのサポートなしでは、わたしは潰れてしまっていたと思います。
P5040162.jpg


集団生活に入っていくとみるみる親から離れていきます。
それがわかっているからこそ、今のこの時間が愛しい。

むらさきが言えなくて「みそかき」と言っていたももは、
いつの間にか、むらさきと言えるようになってしまいました。

「迷子の迷子の子ねこちゃん
 あなたのおウチはどこかしら」
なんて無邪気に歌ってくれるのもきっと今だけ。


子どもはこちらの事情なんてお構いなしにやりたい放題で
予想もしなかったことばかりやってくれちゃいます。
自分の頑張りだけではどうにもならないことばかり。
双子ならではの悩みも、その都度出てきます。

いつもいつも笑顔でいることなんて無理だし、
怒ってばかりの日もヘコむ日もあるけど、
それでも楽しい日のほうが多いのはきっと無理をしていないから


毎日ブログネタを提供してくれる子ども達に感謝!と思えば
大量のご飯粒にも頬が緩みます。(夫がピカピカに磨きあげたばかりの床だとしても・笑)
P6020613.jpg

明日になればまたどーんと沈むかもしれない。あさってかもしれない。
来週かも、来月かもしれない。

でも今は、どんなにめちゃくちゃな日でも楽しくて仕方がない。


そのうち今度は思春期・反抗期の悩みが出てくることでしょう。
でもきっと大丈夫。わたしの周りには心強いサポーターがたくさんいる。
そう思うと、なんだか乗り切れそうな気がしています。(甘いかな?笑)


さぁ、今日は何をして過ごそう。






最後までお読みいただき感謝します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
シンプルライフランキング

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
シンプルナチュラルインテリアランキング

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
双子ランキング




関連記事
スポンサーサイト

2014年06月06日 | おとな | コメント 65件 | TOP

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月06日 / #【編集

しみじみと読んでしまいました。今時期のわが双子はお友達のおもちゃを無理やり取ろうとしたり、幼児教室のサークルタイムには2人だけ参加せずだったりで、何でうちだけ?恥ずかしい、、なんて思ってしまいます。ちょっとしたことでイライラしたり。。親として心のゆとりがないんでしょうね(>_<)まぁ、私はいい加減な方なので、その時は悩んでも、そのうち考えるのが面倒になってまぁいいか、ってなっちゃうんですが(笑)
saoさんのブログでももいろちゃんの育児のことを読んでいる限りでは想像できない内容で意外でした。育児のこと色々と参考になります!
(そうだ、良かったらこちらのブログを拙ブログのお気に入りリストに追加させていただいてもよろしいでしょうか?)

2014年06月06日 / おせん #-URL編集

おはようございます!

この記事を読んで、涙が出ました。
今の私、、、頑張っていた頃の、ももいろちゃんママにソックリです。それが分かるのに、まだ、自分を変えられずにいます。

ブログを拝見すると、優しくてニコニコしてて、お宅も素敵で、、、憧れるママさん。でも、そんな時期があったんですね。

私も、何かが吹っ切れたら、変われる時がくるかな、、、。

梅雨の雨が、私の、嫌な気持ちを全部洗い流してくれるといいな

2014年06月06日 / うさももこ #-URL【編集

うー、涙、涙。
母親4年目の未熟者には、心に響きました。

ご近所さんの「泣き声が…」の話に、なぜかドキッとした私。
住宅街なので、3人目が生まれてから子供たちの泣き声や騒ぐ声がご近所に響き渡って迷惑かけてるかもと、びくびくしています。
暑いのに窓も締切、子供たちにも「静かに!」ばかり言い、コソコソて物音を潜めて。
…私、ちょっと疲れてるのかもしれませんね(笑)

泣かしてたり、騒がせてたりすると、ちゃんと子育てしてないと思われそうで…
いつも怒ってると思われそうで…
躾がなってないと思われそうで…
子育てできないのに3人も子供産んでと思われそうで…
何に怯えているのでしょうね(笑)

書いてるうちに、最近の自分の様子に笑えてきました(笑)

私はまだまだ未熟者で、床にご飯が落ちるだけでもイライラしてしまいますが…それを笑えるくらいになっていけたらなぁと思えました。
Saoさんのように♪

私は文才なくて、うまく伝えられないけど、朝から少し気持ちが楽になりました♪

2014年06月06日 / たのみ #-URL【編集

初めまして。
いつもブログを読ませて頂いています。
ももいろちゃん、長女ちゃん次女ちゃんのお話にほっこりして会社に向かっています。
私は1歳半の男の子の母なんですが、まだまだ母になって1年半。
どうして?なぜ?うちの子もお友達と同じように!って思うことが多々あります。
息子に愛情を注いでるつもりが、他のお母さんより出来てないって感じることがあったりしてダメな母だなと落ち込みます。
今日のブログを読んで、息子は息子、友達は友達。
私も他のお母さんと比べるのはやめて自分のできる範囲でやっていこうと思えました。
当たり前のことなのに、難しいですね。
なかなか息子が寝ない時も、他のお友達より言葉が遅くても、イライラしたりなんで!?って思ったりせずありのままに過ごしたいなぁと思いました。
ありがとうございます!

2014年06月06日 / miki #-URL【編集

ありがとうございます

はじめまして毎日ぶろぐ拝見させていただいてます
私もももいろちゃんと同じ年の息子がいます。
自分は旦那さんと同じ年かな?
まだ一人目なのですが、ここのところ仕事で失敗が続いたり、息子の後追いがひどかったり、同居が大変だったり(笑)悩んでいて・・・でもブログを見ていて元気をもらうけど、逆になんでこんなに余裕があるんだろう・・とかんじたりしていましたが、みんな悩む時期があるんだなぁと思い、なんだか心が軽くなりました♪
本当にありがとうございます。
まだまだ新米ママですが頑張ります。
ありがとうございました。
ちなみに息子の誕生日は2月11日です♪

2014年06月06日 / もぐもぐ #-URL【編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月06日 / #【編集

ほんとに、あっという間に大きくなっちゃいますよね。
私もお兄ちゃんのときはいっぱいいっぱいで、今思えばもっと肩の力を抜けばよかったなと思います。
今はその分ゆるい育児ができているのかも。
いろんなことがあると、うわ~っと叫びたくなることもありますが、お互いにゆるりといけたらいいですね(^^)v

2014年06月06日 / みさ #-URL【編集

ありがとうございます。

いつも楽しく拝見させて頂いています。
いろチャン、ももチャンのおまけコーナーも大好きです!
私には4歳息子と2歳娘がいます。
今日の内容は私が今悩んでいる事を言われてるようで、涙が止まりませんでした。
怒ってばかりの毎日でイライラして、の繰り返し。確かにしつけをしっかりして、幼稚園でおかしな事をしないようにしなきゃ。とか、
みんなと同じことが出来ないと悩んだり。
子供の事より自分自身の事ばかり...

今日の内容でハッとさせられました。
他のお子さんとばかり比較しないで、自分の子供をしっかりみてあげたいと思いました。
こんな長いコメント申し訳ありません。
ありがとうございました(^-^)

2014年06月06日 / よみ #LbYl9WXIURL【編集

まずは母業10年間お疲れ様です。
私はまだ6年くらいなのでまだまだですが、でもすごい気持ちわかりますー!!
長男は逆に人見知りというか中々輪の中に入っていけませんでした。そして、すぐに家に帰りたがっていました。(まぁ今でもてすが) そんな時なんで…と思っていました。他の子は仲良く友達と遊んでいるのに… 私もこの場にいたいのに… なんて独りよがりですよね。長男の気持ちも考えずに…
最近新たな環境に慣れる為にまた同じことを思ってしまっていたかも…
反省です。
この子はこの子、私は私、
ですよね!!
気付かせてくれてありがとうございます!!
ちょっともやもやしていた最近ですが、なんかスッキリしました♪ありがとうございます(*^^*)
長文しかも私事ばかり失礼しました~☆

2014年06月06日 / すりー #-URL【編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月06日 / #【編集

子どもを育てるというのは、人との関わりを学んでいく場でもありますね。
saoさんのこの10年間は、子育てをしながら自分自身とも向き合っていく期間だったのですね。

最近、子どもたちに接しながらよく思うのは「この子たちはまだこの世に生まれてから、たったの5年、3年しか経ってないんだな~」ということです。
自分は●0年(笑)かけて今の自分の立ち位置や考え方を築いてきたのだから、子どもたちにとってはまだまだ未経験のことばかりなんですよね。

少し先を歩んでいる大人としては、すでに経験しているからこそ「こうあるべき」という思いがありますが、子どもたちにとっては全て経験しながら身につけていくことばかり。
他の子と比較しすぎる必要はないとは分かっていても、比べてしまうのはしょうがないと思います^^
でも、saoさんのおっしゃるとおり、自分は自分、子どもは子ども、他の子は他の子というアイデンティティがあることは忘れてはいけないですね。

子どもは大人が思う以上に、とてもよく身近な人(親やお友達)を観察していると思います。
ママの変化を理屈抜きで感じ取るのもそのためなのかなと。
いつもニコニコしていたいけど、ママも人間、そうしていられないこともあります。そんな部分も子どもたちに見せながら、家族みんなが最終的に笑って過ごせる毎日でありたいですね。

落ち込んでいるときに、しっかりサポートしてくれる旦那様、ママの片腕となって動いてくれる長女ちゃんと次女ちゃん、大変だけど笑いをくれるももいろちゃん、素敵なご家族だと思います♪

2014年06月06日 / くみくみ #eXGbEeWQURL【編集

みんな同じだよ

ブログ見て思わず涙が出てきました。
大変な時期をしっかり乗り越えたんだね。
きっと今のsaoさんは強くて優しくて素敵な
お母さんだと思うよ。

わたしも最近、イライラ・ガミガミしてしまって
自己嫌悪というか反省ばかりの毎日です。
きっと産後のホルモンの変化せいだ・・・なんて
言い訳してます・笑
それでも子供は変わらずいつもわたしに優しくしてくれて、
ほんとすごいなぁと思います。

きっとお母さんはみんな同じような経験があるんじゃないかな。
それをこうやって文章にしてくれて、わたしの心もすごく
軽くなりました。ありがとう☆☆
「産まれてくれてありがとう」の気持ちを忘れずに、
お互い頑張ろうね。

2014年06月06日 / ひろこ #vF6NeGQUURL【編集

初めまして

素敵な生活と、強さの中に優しさのある主様のブログ楽しみにしています。

私は小学生と保育園児の母で、ワーキングマザーです。
読んでよかった、私も心に余裕もって頑張ろう。

これからも応援しています!

2014年06月06日 / sachi #-URL【編集

やっぱりそうですよね~。四人もお子さんがいて、いつも穏やかでいられるはずはないですよね。でも、もう四人のママの貫録さえうかがえますよ。私の四年生の娘はマイペースだし、そのくせ口がたって、私の怒りのポイントをついてくる。なんでママを苦しめるの・・と思うこともあるのです。感情的に怒ってしまい、寝顔を見ては「傷付けてごめんね」と謝ることもたびたび。そんな時はできるだけ謝るようにしています。「ママだってあんな事言われたら腹が立つのよ。でもママも怒りすぎたねごめん。」って。子供とはいえ人と人だから、母だって完璧じゃないって理解していると思う今日この頃です。いろいろあるけど、あなたのことが大好きでたまらないのよ~と普段から口にするようにしています。お友達とトラブルがあっても、きちんと話を聞いてみるとちゃんと理由がある。だからできるだけ子供の気持ちに寄り添ってあげるように、と思ってます。今のところ、まっすぐに育っているようだからよしとしています(笑)主人は、「友達とのトラブルも学校の忘れ物も、フォローしたらだめだ。いっぱい困って今のうちにいい勉強すればいい、それをママが手助けして勉強のチャンスを奪ったらだめだ」って言ってます。極端かもしれませんが、主人の言うことに私も賛成しています。ただ心の支えになってあげて、涙を流す日もお日様のにおいのするお布団のような存在でいてあげたいな、って思ってます。話がそれちゃいましたね(へへっ)

2014年06月06日 / emi #-URL【編集

おめでとうございます

母親10年なんて、すごい(^^)
おめでとうございます♡

私も読ませてもらいながら、涙が出ました。同じように悩んでいたから。
うちはお兄ちゃんが4歳なんですが、すぐに手がでて。それだけでなく、保育園にいきはじめて最初の頃は先生の指示に従わず。。。
階段は勝手にかけあがる、お昼ご飯の後、裸足で園庭に飛び出す。
「どーして、みんなと同じように出来ないんやろ」と悩みました。
園長先生から「○○くんがみんなと同じように出来ない原因を考えてます」と言われて、発達障害の検査まで受けにいってしまいました。
結果は異常なしで、とゆーことは躾が問題か。。?と又悩み(^^;;
2ヶ月たった今すっかりルールに慣れたみたいで、やっと笑い話になりました。

saoさんの日記を読ませて頂いて、本当に上手に子育てしてはるなぁと思います。教育ママでも放任でもなく、丁度良いおおらかな感じが伝わります。日記に救われてるママは多いんじゃないでしょうか(^^)

本当に、きっと子どもはすぐに大きくなって離れていきますもんね。
今だけの純粋な可愛さを満喫したいですね♡

同じママとして、私も今年はお料理頑張りたいです。
saoさんの日記を読んで思いました☆頑張らないとって(笑)

2014年06月06日 / えり #-URL【編集

こんばんは
私の娘たちはもう随分大きいのですが、今もどうして…私の育て方がダメだったのかなと思う事があります。
それは周りと比べたり世間体を気にしたりしている私の考えがそうさせているのかもと思いました。
私も楽しんで子育てしようか
な。ブログを読ませていただいてそう感じました。ありがとうございます♪

2014年06月06日 / とよち #5XrOZ5hQURL【編集

ありがとうございます

はじめまして、1歳7ヶ月の男女の双子の母です。
いつもブログ楽しく拝見させてもらってます。

最近荒れてきた息子が、まさしく今日外出先で「どうして....」という事をやらかしました。
友達はできたのに、周りの子もみんな出来てたのに何でうちだけ出来なかったの?
海老反りの泣きじゃくる息子、便乗して泣きじゃくる娘をダブル抱っこして退散してきました。
これからどうしよう、どうやって育児すればいいんだろうと悩んでいた中ブログを読ませていただいて、大泣きして何度も読み返して、心の底から納得して感謝しました。
コメントとかしたことなかったんですけどどーしても感謝の気持ちを伝えずにはいられませんでした。本当にありがとうございます!!!!

これからもブログ楽しみにしています!

2014年06月06日 / はるふう #-URL【編集

コメント久しぶりです(^^;
まだママ未経験の私ですが(笑)
涙が出ました~(T_T)

私ね、出会ったころから、ももいろママのこと大好きです(^^)
いつもいつも、悩んで考えて、発想の転換で気持ち切り替えたりできるとこ、
いつも、その瞬間を楽しもうって思えるとこ、
何気ない日常のその瞬間に、幸せや喜びを、そのときに感じれるとこ、
すごいなぁって思う(^^)

私にとって、ももいろママは、理想のママだよ(^^)
私が、いつかママになったら、いっぱい相談させてもらおうと目論んでます(笑)
いっぱい悩んでるときに、役に立たずに、ごめんね(>_<)

2014年06月07日 / まほ #-URL【編集

母親10年目、おめでとうございます。
読んでて涙がポロポロ。。。。

うちの長女も手がすごく出て、お友達を突き飛ばしたり泣かせたり、、、
毎日毎日怒ってばかりいました。
今思えば2才、3才の子にって思うこともありますが、
そのときは、頭ではわかっていても
なんで、なんでが勝ってしまって、手をあげる長女に腹をたて、お友達やママに謝りたおし、疲れはてていました。
そうですよね。
ちょっと距離を置いて子供と向き合えばよかった。
公園好きな長女。
私もママ友の中に入りたいという気持ちで、必死に公園へ行っていました。
公園からの帰り道で、泣いて帰ったことも何度もあります。
どうして泣かせるの?どうして手をあげるの?と。

必死だったんだなと思います。
何もかもが初めてだから、わからないことだらけ。
人に甘えてはいけないという気持ちが強すぎて、いっぱいいっぱいになってました。

幼稚園に入るようになって、少し離れることができ、先生や周りのママたちにもお世話になることで、気持ちの余裕もできて長女とも少しずつうまくいき、長女もお友達と仲良く遊べるようになりました。
今では優しい子になってくれてると思います。

まだまだイライラしちゃうこともあるし、
人からどう思われてるという気持ちで焦ったり落ち込むこともあるけど、
今しかないこの子育てをせっかくなら楽しみたいです。
近所の人が、「上手に子育てしてるね」とか「成長が楽しみ」とか言ってくださる言葉にも救われてます。時には傷ついてしまう一言もあるかもしれないけど、笑ってながせるような、肝っ玉母ちゃんになりたいです。
ももいろママのように、めちゃくちゃ楽しくて仕方ないと言える日を願って頑張ります🎶

2014年06月07日 / れい #naG3YJesURL【編集

私たちは幸せにも子供を四人授かり、下に行くにつれて心に余裕が少しでき、たくさん学べているような気がします。母親も子供に成長させられますよね。SAOさんのブログで安心したり勉強させられたりする人たち私を含めてたくさんいると思いますよ。これからは、SAOさんが悩んでいるとき私たちもここにいるので、一人ではありません。役にたてないかもだけれど相談してくださいね。衣替え後、急に寒くなりました。ついていないです私。

2014年06月07日 / 4kids #-URL【編集

はじめまして

はじめまして

今日のブログ読みながら涙でました

私なんて床のご飯粒みて仕方ないなぁってまだまだ思えてません笑
ブログに書きましたがスカート汚して帰ってくる娘にしかってしまいました

今日のブログ読みながら私自身を考えさせられちゃいました

子どもたちの笑顔のために母として何をしてあげられるかしら⁇

ブログの更新楽しみにしてます

2014年06月07日 / あゆ #-URL編集

スタバで泣いてしまったよ(ToT)

先日の記事に誘われるように行っていたスタバで読ませてもらいました。
『長文なので』とは書いてあったけど、『きっと泣きます』とは書いてなかったよう。。。
読んでたら涙がポロポロ止まらなくなって、ハンカチ出すのが間に合わなくて、思わずお手拭き用のナフキンで涙を拭いてしまったよ(笑)

saoがこの10年の間、悩んだり立ち止まったりしながらもちゃんと子供達と向き合って来たから、今の素敵な家族が出来上がってるんだなあってしみじみと思ったよ。
私も思い当たることがたくさんあって、でも大丈夫なんだあ〜!ってスッと肩の力が抜けたような気がしました。
ありがとう。

2014年06月07日 / けい #-URL【編集

はじめまして!

いつも楽しく読ませていただいています。
小さい双子ちゃんがいるのに、
きれいに生活されていて、
すごいなあと思っていました。

うちは12才と9才の娘がいますが、今でも育児は悩みながら…です。
頭の中ではわかっていても、
気持ちがついていかず、
子どもに多くを求めてしまったり、
違う声掛けの仕方があったのでは
ないかと後から後悔してみたり。

でも、昨日のブログを読ませていただいて、あっ、私だけじゃないんだ!て妙に安心してしまいました。

こうやって、親も学んでいくのでしょうね。
環境て大事ですね。
私も周りに感謝しながら、
前向きに生活していけるように…と
思いました。

2014年06月07日 / nana #-URL【編集

涙が出ました

泣きながら読ませていただきました。
今、わたしは心から育児が楽しいなんて思えない状況でして…。
もちろん二人の子どもは可愛くてとっても大切なのですが、わたし自信未熟者なのでイライラが絶えず、いつも怒鳴ったり怒ったり。叱るより怒る。そんな状況なんです。
旦那はsaoさんのご主人と同じく育児と家事を率先して手伝ってくれます。
子どもたちが大好きであまり声を荒げるなんてしません。温和そのもの。
平日は毎日遅くまで残業。帰宅時は子どもたちは就寝しています。下手したら朝も子どもたちの寝顔を見て出勤しています。

わたしの実家は遠いし、父は母の介護があるので子育てのお手伝いは頼めません。
義両親は仕事&孫の世話なんてしたくない(←お姑さん)タイプだし、たまにお舅さんが上の子と買い物に行きたいと言って連れ出してはくれますが、それ以外はひとりで育児と家事をこなしています。
正直、ほんとに世間から取り残されてる感がハンパないです。
寂しくて孤独感でいっぱい。やらなきゃいけない事がたくさんあるのに、子どもたちはそんなの御構い無しに構って~!遊んで~!姉弟けんか。お茶こぼした。おもちゃ片付けない。
ほんま、わたしはメイドか!って思うくらいバタバタな毎日。
育児なんて心から楽しんだことなんてありません。

保育士してたからりんりんちゃん大丈夫!
よく友達やお姑さんに言われるたびに、『ああ、じゃあ育児の悩みを相談したらあかんねんや』って思って、人にも悩みを打ち明けることなんて出来なくなってしまいました。

上の子は人見知りもするし、公園に連れてっても友達と仲良く遊べない(気にはなるけど遠くで見ているタイプ)、もともと言葉も遅かったので余計にママ友のこどもさんと比べては落ち込みました。
よく泣くし、育てにくいなぁーと悩んでました。

saoさんの記事を読んで、わたしはどれほど娘を友達と比べていたんだろう…
どれほどちゃんと娘を見てなかったんだろう…
それに気付きました。

saoさん、気付かせて下さってありがとうございました!

気がスーッと楽になりました。
すぐには無理だと思いますが、わたしも育児を心から楽しめたよっていつかsaoさんにご報告したいです!

ちなみにまた母親業4年です(笑)
まだまだやなぁ~(^_^;)

2014年06月07日 / りんりん #7y1.FrNgURL【編集

何度も読み返しました

いつも、子供が寝静まった頃ブログ読ませてもらってます!
私はももいろちゃんと1ヶ月違いの2歳4ヶ月の双子女子の母です。
今、まさにイヤイヤ期&抱っこ星人…。
毎日、怒ってばかりで…
周りの母さんの余裕や子供への優しさに、なんで私はこんなにイライラして怒ってばかりいるんだろう。と思ってばかり。
でも、今回の記事を読ませて頂いて、少し気持ちが楽になりました。
わたしはわたし。
この子はこの子。確かにその通り。
「イヤイヤばかりしてたら、お外に連れていけないよ。」なんて言葉、今のこの時期言ったって無意味なんだ。
周りのお母さんみたいに、ニコニコしてたいとか、ママ同士お話したい。とか、気にしすぎてました。
本当にいつも、参考になることばかりで近くにいらしたらお礼を言いたいです!
まだまだ食事の食べこぼしの床を、笑顔で掃除する余裕はありませんが、もっとおおらかな心で子育てしていこうと思います!

2014年06月08日 / ちな #uvrEXygIURL【編集

最近友人の結婚式に参列したのですが、なんだかその時初心にかえりました。健やかなるときも、病めるときも相手を思いあい、等の言葉ですね。
最初は子供を作りたいがために結婚したのでなく純粋にこの人が好きだからと結婚し、そして幸運にも子供を授かり、なんだか日々雑多なことに終われて、主人や子供がいてくれることへも感謝が薄れてたな、とか。
私は長女を結局帝王切開でしか産んでやれず、その事を思い何度も何度も涙しました。最初の共同作業であることが達成できなかった、自分のペースで生きてこようとする子を引っ張り出してしまった、と。
それは今も自分の心に強く強く残っていて、できる限りこの子が自分ですることを見守って、できたらたくさん誉めよう、と心がけてます。支離滅裂な文章になりました。

2014年06月08日 / あやか #-URL【編集

コメントまた失礼します。食べこぼし、うちは無垢材なのでやはりHMさんからもなにか敷くように勧められ、色々考えた結果、アキレスっていうところの透明のダイニングマット(同様にキッチンも無垢材なので同じタイプのを)を購入しました。ただのビニールのくせに高すぎるかと思ったけど、食べこぼしをほったらかしにできるようになったのはとってもおっきいですー。
きっと子供にたいして怒らずにすむ工夫っていろいろできるはずなんですよね。

2014年06月08日 / あやか #-URL【編集

はじめまして
いつも拝見させて頂いてます。

コメントをいつもは残さないのですが…
今回ばかりは、お礼を伝えたくてコメントしました。

24で突然双子の母になり、8ヵ月が経ちます。日々怒濤のように過ぎ去り、一体今日はどれくらい笑顔で居れただろう?と、振り返り反省する毎日です。

記事を読ませていただいて、心の奥がスッキリしました!
潰れない程度に頑張ります!!
ありがとうございました(^-^)

2014年06月09日 / はな #-URL【編集

■鍵コメMさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。前回は「Mさん」のお名前で頂きました。双子ちゃんの呼び名、とってもおもしろいですね(笑)
体調まで崩されたとのこと、本当に大変でしたね。「元々考えすぎる性格」というのはわたしにも似たところがあります。周りに相談できる人や相談する機会があってよかったですね。Mさんが自分の気持ちを話せたことは大きかったと思います。相談すること自体、いろいろと考えてしまってなかなかできずにいたりしますからね。答えは出なくても、自分の気持ちをしっかり聞いてくれる場所があるだけで随分肩の荷が下りると思っています。
幼稚園が始まると子ども達の世界がぐんと広がり、子ども自身が悩む場面も出てきたりと、また新たな心配も出てくるかもしれません。でもMさんの仰る「毎日子どもとしっかり生きる」という気持ちがあればきっと大丈夫だと思います。わたしのほうこそ大切なことを教えてもらいました。本当にありがとうございます♪
どうぞお身体大事にされてくださいね。

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■おせんさん

おせんさんの双子くんもオモチャを取ろうとするんですね。我が子同士の取り合いもきっとあるだろうし、お友達との取り合いも注意して見ないといけなくて、忙しくてヘトヘトになりそうですね。幼児教室でのことも「せっかく連れてきたのに」なんて思ってしまいそうです。わたしもありました。遊びに連れて行ったのに全然楽しめなくて「せっかく来たのに」と思って悲しくなったりイライラしてしまったり。初めての子育て&双子くん&しかも海外生活!なのに、そんな風に「まぁいいか」と柔軟に考えることができるおせんさんがすごくうらやましいです。わたしは最近ようやく「まぁいいか」と思えるようになってきたので^^
お気に入りリストの登録なんて嬉しいです。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします♪コメントありがとうございました。

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■うさももこさん

おはようございます。同じように悩んでいらっしゃると聞き、うさももこさんの気持ちを想像すると胸が痛みます。自分の気持ちが行ったり来たり。わかっているのに、そうじゃないのに、これじゃいけないのにと思ってばかりの日々。子育てって難しいですね。小さな小さな子ども達に振り回されてばかり。育児は楽しいと書いてはいますが、イヤだなと思う時ももちろんあるし、ホントまだまだですよ~。気の利いたアドバイスなどはできませんが、うさももこさんがコメントに書くことで少しでもすっきりできるのなら、いつでも吐き出してくださいね。梅雨の晴れ間に、少しでもうさももこさんの気持ちが晴れますように。コメント本当にありがとうございました。

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■たのみさん

まだまだわたしも未熟者ですよー!
泣き声や怒っている声が聞こえているかも・・・と思うこと、よくあります。最初に住んでいたところはすごく古くて、お隣のお子さんとママの声がよく聞こえてきて、あー、子どもが3人もいるとこんなに大変なんだなぁと、そのときは漠然と思っていました^^; 今のところは超田舎で住宅街ではないものの、静かすぎて声が通る(汗)
「3人も産んで」なんて、たのみさん考えすぎですよ。そんなことないですよ!かくいうわたしも当時は2人目を産むのが早かったのかなと悩みましたが。でもよく考えたら、子どもを産んだからといってすぐにしっかり子育てできるわけではないんですよね。どうにかこうにか、何となくこうかなぁ~と思いながらやり続けて、気付いたらこんなに大きくなっていた、そんなカンジです。たのみさんがコメントを書きながらご自身の様子に笑えたように、普段から「わたし何やってるんだろ」って軽く笑い飛ばせることが増えるときっと楽になりますよね。
大量のご飯粒、一度「今日は何粒か数えてみよう」とおかしな考えが湧き挑戦しようとしたこともありますが、困難すぎてすぐに挫折しました(笑)
わたしのほうこそ、言葉足らずでうまく伝わらなかったり配慮不足のこともあると思いますが、これからもどうぞよろしくお願いします。たのみさんからのコメントを読んでいるときは、気付けばいつも笑っています^^

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■mikiさん

初めまして。出勤前の貴重な時間にいつも読んでいただき、今回はコメントまで、本当にありがとうございます♪
保育園で周りの子がのびのびと遊んでいる姿を見て、きっとお母さんもおおらかなんだろうな~とか勝手に想像して落ち込んだりしていました。いっぱいいっぱいのときは、どうしても周りがよく見えてしまいますよね。仰るように「当たり前のことなのに難しい」、そうなんですよね、わかっていてもそう簡単にいかないんです。
mikiさんのようにお仕事もされていると、やっぱり家事・育児・仕事の負担はとても大きくて、疲れるのも落ち込むのも当然だと思います。3つのことを日々こなしていくだけでも相当大変なのに、子どもの機嫌一つで予定が狂ったり振り回されたり。そんなことを気にせず毎日笑顔でいられるなんて神ですよね^^; 
寝かしつけはわたしも苦痛でした。「まだ食器の後片付けと洗濯物干しが待ってるんだから!!」とイライラしてしまったり、寝かしつけている間の何もできない時間をすごくもったいないなぁと感じたり。今は昔ほど苦痛に感じることはなくなりましたが、やっぱり早く寝てくれたときの充実感はハンパないです(笑)
以前コメントで「どんな自分も認めてあげてくださいね」と言っていただいたことがあって、とても気分が軽くなりました。毎日お忙しいとは思いますが、ご自身の気持ちや体のことも労わりながらお過ごしくださいね。
初めましてなのに長々と失礼しました。これからもどうぞよろしくお願いします☆

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

はじめまして。
もうすぐ4歳になる男の子ママです。
少し前にsaoさんのブログに出会いました。

いつもはほほえましいきもちで、双子ちゃんいいな、女の子かわいいなって読んでいました。

でも、今回は心のもやもやがスッと晴れたというか、心の角々した部分がまあるくなった思いです。

わが子は2歳で保育園に入りましたが、その時まわりの子達と比べて、なんて人見知りで、なんて気が弱いんだと心配し、保育参観などではお返事もまともにできないわが子に情けなくて、悲しくて、いつも夫に愚痴っていました。
公園などでも、同じくらいの子が一人であちこち行って遊んだりするのもうらやましく、イライラして、なんでなんでなんで…の塊でした。
(ほかの方のコメント読ませていただきましたが、けっこういらっしゃるんですよね。自分だけじゃなかった)

今でこそ、人見知りもかなりなくなり、休日もお友達と元気に遊ぶようになりほっとしていますが、公園などで臆病な姿を見たりするとちょっともどかしくて、イライラしちゃいます。

でも、わが子と誰かを比べるのは、もうやめよう。
できないことより、できることに目をむけてあげよう。
そう思いました。
どんな立場にあっても、隣の芝生はなんとやら、ですよね。

これからも楽しみにしています。
ありがとうございました。

はじめましてなのに、長文失礼しました。

2014年06月09日 / Rin #kJA7OqOwURL【編集

■もぐもぐさん

もぐもぐさん初めまして。毎日ブログを見ていただいていると知り大変嬉しいです、ありがとうございます♪
そして誕生日が近い!男の子と女の子でいろいろと違いはあるでしょうが、同じくらいのお子さんを持つママさんとこうしてお知り合いになれて心強いです。これからもどうぞよろしくお願いします^^ 
もぐもぐさんは、お仕事をされているんですね。しかも同居が大変とは^^; 同居は大人同士のプライベートな部分で自分だけではどうにもならないでしょうし、きっともぐもぐさんが我慢される場面や心が乱される場面も多いかと思います(全然違っていたらすみません)。仕事して疲れてさらに後追いもあれば、気が休まる時間もないでしょうね。本当に毎日お疲れさまです。
わたしは仕事をしていないので、夫や長女・次女を送り出したあとは好きなように家事ができますし(ももいろの妨害はあれど)、3回目の育児ということもあって少し余裕が出てきたのかなとも思います。やっと手の抜き方を習得したのかもしれません。あれもこれもがんばっていたらやっぱり疲れてしまいます。できることしかしなくなったら、一気に楽になりました。いい意味で「そこまでは自分には無理無理~」と開き直ることも大切かもしれませんね^^ 
文章も拙いブログですが、もぐもぐさんの気持ちが少しでも軽くなったのならこんなに嬉しいことはありません。元気な盛りの2歳児相手にわたしもまだまだ怒ったり悩んだりしています。一緒に乗り切りましょうね☆

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■鍵コメ hさん

初めまして。いつもブログ見ていただきありがとうございます^^
そう言われてみると、ブログを始めた頃はまだ歩いてもいなかったのに、今では走りまわれるようになりました。子どもの成長は本当に早い!ももいろのことをいつも温かい目で見守ってくださりとても嬉しいです。
今は赤ちゃんの誕生が待ち遠しいですね。子どもを産んだからといってすぐに上手な子育てができるわけでもないのに、当時のわたしはきっと知らないうちに焦っていたんでしょうね。
初めての子育ては、我が子の様子にあてはめながら育児書をじっくり読んだり、とにかく慣れないことばかりで「これでいいのかな?」と不安でした。でも、疲れも眠気も吹き飛ばしてくれるかわいさ☆
しっかりしなくちゃと思いすぎず、周りにめいっぱい頼るのは全然アリだと思います。周りに助けてもらいながら我が子と一緒に自分も成長する、というのも一つのあり方かもしれませんね。
ジメジメとして過ごしにくい季節ですが、お身体を大事にされてくださいね。hさんの無事の出産を願っています。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします♪

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■みささん

子どもの成長はあっという間ですね。本当に早い!
みささんも、初めての育児のときはいっぱいいっぱいになっていたんですね。一緒です~。初めてだらけでアタフタしていたことはもちろん、やはりどこかで「しっかり育てなきゃ」と一人で抱え込んでいたのかもしれませんね。「肩の力を抜く」、もう、本当にあの当時の自分に言ってあげたい!(笑)
悩んだからこそ、今は肩の力を抜き、少しゆったりと構えることができる。悩みがあっても、それも自分が成長するためには必要なことだったのかなと後になってわかるものですね。そうそう、「ゆるり」といきましょう♪
みささんのコメントにすごく心が和みました。ありがとうございます^^

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■よみさん

よみさん初めまして。いつもブログを楽しんでいただき嬉しいです。くだらないおまけで・・・お恥ずかしい(汗)
4歳と2歳のお子さんだったら、ちょうど長女・次女の年の差と同じかもしれませんね。この時期のイライラや悩みは尽きませんよね(涙)男の子だと活発でしょうから、なおさら。
「お姉ちゃんだから」とは決して言わないようにしていましたが、もしかすると心のどこかで「お姉ちゃんらしく」してくれることを望んでいたのかもしれません。だって、そのほうが助かるから。自分の都合のいいように考えていたんだと思います。
自分の子だけが違うことをしていたら、やっぱり気になるのは当然だと思います。きちんと話して聞かせて、それをすぐにできるかできないかについては、やっぱりその子のペースがあると思うし、我が子を信じてただ見守るしかないという時もきっとあると思います。何か言いたくなったり手を貸したくなっても、一呼吸待ってみるというのもいいかもしれませんね。(←わたしもよく使っているやり方です。)
わたし自身もそうですが、他の方から頂いたコメントでも、よみさんと同じ悩みを持つママさんはたくさんいらっしゃいます。決して一人ではないんです。そう思うと、イライラしてしまったあとの罪悪感も少しは軽くなるような^^
お互いこれからもいろんな悩みが出てくると思いますが、うまく周りの助けを借りて、一人で抱え込まないように気をつけましょうね。こちらこそ長々とすみませんでした。これからもよろしくお願いします。

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■すりーさん

ありがとうございます。でもまだまだひよっこです^^;
すりーさんも同じような気持ちになったことがあったんですね。そうそう「私もこの場にいたいのに」というのはホントわかります!支援センターに行っても、長女がケンカしないようにぴったりくっついて回って、その間他のママさんは子どもから離れて楽しそうにおしゃべりしてて。わたしも一緒にゆっくり話したいよ~と何度思ったことか。そんな日にケンカして帰れば、ケンカのことと自分のもやもやがごちゃ混ぜになってしまって、叱るというより怒ってしまい、それに気付いてまた自己嫌悪。あ、すみません自分のことばっかり(汗)
みんなと同じように遊んでくれたほうが嬉しいというか安心しますが、でも、やっぱり小さいなりにも、その子にはその子の考えや思い、その子のペースがあるんだと、だんだんわかってきたような気がします。
すりーさんのお宅も3人それぞれ性格が違うんでしょうね。あ~、それにしてもやっぱり子育ては難しい!(笑)いつもブログ見ていただきありがとうございます。どうぞこれからもよろしくお願いします。

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■鍵コメ まさん

いつも見ていただきありがとうございます^^ 楽しみにしてくださっていると聞き大変嬉しいです。
「子育てに向いていない」、わたしも何度も思いました。沈んだ気持ちの真っ只中にいるときは、もう何をすればいいのか全くわからなくなってしまっていました。
『ま』さんの仰るように、できるなら笑っていたい。楽しくない日や全然できない日があっていい。もし楽しいと思えた日がどんどん増えていけばラッキー。それくらいの軽い気持ちで臨んだ方が凹み方も少なくて済むような気がします^^
こちらこそ素敵なコメントをありがとうございました。心がすーっと軽くなりました♪
これからも遊びにきてくださいね☆

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■くみくみさん

「人との関わりを学ぶ」、うぅ、奥が深いです。確かにわたしが子育てを通じてとても様々な経験をさせてもらっています。そして、イヤでも自分自身と向き合わざるを得ない。こんなはずじゃなかった、こんなのはホントの自分じゃない、と思うようなこともたくさんありました。でもいつの間にかその暗い苦しい時期が終わっていて・・・。もう「試練」という言葉がぴったりです^^; 
そうですね、子ども達には見るもの聞くもの全てが初めてのことばかり。遠回りして当たり前、失敗して当たり前なんですね。急かさずじっくり見守ってあげるのも大事な親の役目なんだなぁとしみじみ思いました^^
周りの子のいい面を目標に前を向き進むのも、それはまた自分の新しい可能性を広げることになり素晴らしいことですね。そういった場面に遭遇したときに「どうせわたしなんて・・・」と思わず、しっかりと自分と向き合えるような子どもになってくれたらいいなぁと思います^^ 
子どもは本当に周りのことをよく見ていると思います。しかも、長女くらいの年齢になると、ごまかしが効かない!全て見透かされているかのようです(笑)
「最終的には笑って過ごせる毎日」、夜寝る前に1日を振り返りそう思えたら幸せですね♪
くみくみさんにはいつも温かく心に沁みる言葉をたくさん掛けてもらい、本当に感謝しています。これからも、ももいろ一家をよろしくお願いします☆

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■ひろこさん

(※ひろちゃん、旧姓とはいえフルネームだったから下の名前だけにさせてもらいました。)
ひろちゃん、いつも本当にありがとう。弱っているときは真っ先に連絡してくれて、そういう時、ひろちゃんの温かく優しい言葉はいつも胸に響くよ。
コウさんを見てると、優しさの中にきちんとした芯があって、ひろちゃんとの強い絆が根っこにあるんだろうなぁと感じるよ。コウさんの変わらない優しさは、きっとそこから生まれたんじゃないかな。ママのことが大好きなんだよ^^
ひろちゃんもイライラしたりするんだね。ひろちゃんの言うように、多少違いはあってもみんな同じようなことで悩むんだろうね。一人じゃないんだと思うと、孤独感も少し和らぐ気がするよ。
「生まれてくれてありがとう」の気持ちを胸にしっかりと刻んで、日々の生活を楽しみながら乗り切ろう♪忙しいときにこうしてコメントありがとう!元気が出ました☆

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■sachiさん

sachiさん初めまして♪家事・育児・仕事とお忙しいなか、ブログを読んでいただきこうしてコメントまでいただきとっても嬉しいです。本当にありがとうございます!
「強さ」なんて言っていただきましたが、弱っちいんですよ~。でも、家事と育児を切り盛りしているうちに、いつの間にか強く(図太く?)なってきたような気もします^^;
読んでよかったと言っていただき、わたしもなんだか背筋がシャキッと伸びました。
これからもどうぞよろしくお願いします。sachiさんの応援のおかげで頑張れそうです♪ 

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■emiさん

貫禄・・・出てきましたか?^^; 可愛げは残しておかないと肝っ玉母さんまっしぐらですね(汗)
口が立つ、わかります!大人と子どもというより、女同士の戦いみたいなところがありますよね。長女も3年生になり、急に言葉遣いやら態度が変わりました。これからどうなることかと不安でしたが、emiさんのようにきちんと謝ることが大切なんですね。親子でも(親子だからこそ?)自分の気持ちをきちんと伝えること、是非見習います!「あなたのことが大好きでたまらない」と日頃から言ってもらえるお子さんは本当に幸せですね^^ パパやママから愛されていると実感できることは、きっと一番の心の支えですよね。
emiさんのご主人の考えは、わたしも同感です。失敗から学ぶものは多いし心に残るはず。(先日の水筒は、熱中症が心配で持って行きましたが・笑)
emiさんとご主人がお子さんに愛情を注いでいる様子が目に浮かび、いい夫婦関係・親子関係なんだろうなと思いました。「お日様のにおいのするお布団のような存在」、いい言葉ですね。わたしも子ども達にとってそういう存在になれたらいいな☆
とてもためになるお話をたくさん聞かせてもらい、すごく勉強になりました。本当にありがとうございました♪

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

■えりさん

ありがとうございます。たまたま数えてみたらキリのいい数字だったもので、いろいろと思い出していたら書きたくなってしまいました^^;
お兄ちゃんのときに、そういうことがあったんですね。詳細を知らないわたしが言うのもなんですが、園長先生からの言葉はキツイです~(涙)まだ保育園に行き始めたばかりで心が不安定だったのかもしれないし、どういう場所か理解していなかっただけかもしれないのに・・・と思うと切なくて(涙)
今では笑い話になったようでよかったです。えりさんも心配されたでしょうね。子どもの順応性はやっぱりすごい!
子育て上手じゃないですよ~。家事も育児も手の抜き方がうまくなっただけだと思います^^; でも、もしこんなブログでも誰かのお役に立っているかもしれないと思うと、やっててよかったなぁと心の底から思います。
「純粋な可愛さ」、存分に楽しみましょうね!
美味しくて簡単なレシピがあれば是非教えてください♪
温かいコメントありがとうございました。

2014年06月09日 / sao #-URL【編集

10年ほんとうに頑張りました!お疲れ様です。

いろいろありましたね。.
でも今の気持ちの持ち方は素晴らしいです。
見習っていきたいと思います^^

私は独りよがりな育児をしていたなとあらためて反省です。
プライドばかり高くて、子供の本質などお構いなしに私の思い通りに育ててきました。

でも思い通りになんてちっともいかない!

子どもだって一人の人間だもの

各々の個性があって、良いところを伸ばすお手伝いをすればいいのにね。。

先日、長男が乗り気ではないのに、空手に入会させてしまいました。

双子怪獣はパワーマックスです。
世でいう魔の2歳児ってこういうことなのね!それも×2って。。
挫けそうになるときがあります。


私はSAOさんとは反比例して今育児の壁にぶつかっているようです~

2014年06月10日 / ゆじゅ #-URL【編集

■とよちさん

とよちさん、こんにちは。お久しぶりです♪
こういう気持ちはお子さん達が大きくなっても、ついて回る感情なんですね。子育ての先輩からのこういったコメントはとても参考になります。まだまだ先は長いんですね^^; また悩むことが出てくると思いますが、いろいろと教えていただけるとありがたいです^^ こちらこそありがとうございました。
お返事が遅くなってしまいすみませんでした。

2014年06月10日 / sao #-URL【編集

■はるふうさん

初めまして。いつもブログを見てくださっているなんて嬉しいです。ありがとうございます☆
1歳7ヶ月、きっと大変なときですよね。最初は歩けるようになると楽なのにな~と思っていたけど、いざ歩けるようになると双子たちはあっちへ行ったりこっちへ行ったり^^; 男女の双子ちゃんとなれば、興味のある物も違うしそれぞれの欲求を満たすことが求められてママは大忙しですね。毎日お疲れさまです!
きっと息子くんが大泣きしたのを見て、娘ちゃんも置いていかれないように泣いてママに助けを求めたのかもしれませんね。わたしが初めて支援センターにももいろを連れて行ったのは1歳10ヶ月のときでした。制作は拒否したので全てわたしが作成し、歌も踊りもしがみついて何もしませんでした^^; でも、まだ泣きわめいていなかったので大丈夫でしたが、きっとあの時大泣きして手におえなかったら・・・。はるふうさんもきっと虚しさでいっぱいだったことと思います。どうしてウチの子だけ、せっかく連れて行ったのに。今回いろんな方からのコメントを読ませていただき、やはりみんな通る道なのかもしれないなぁと改めて思いました。みんなどうしても思ってしまうんですよ!だから、そう思ってしまうことを悪いと思わず、はるふうさんとお子さん達が無理なく楽しめることを探してみるのもいいかもしれませんね。この時期って(しかも双子だと)、絶対大変なんです。家事も育児もできなくても、開き直って「あー大変大変!なーんにもできないわ!」と声に出すだけでも意外とスッキリするものですよ(笑)←わたしも最近独り言が増えました^^;
なんだか話がまとまらなくてすみません。わたしもまだまだ振り回されている身ですが、はるふうさんのように奮闘されているママを応援しています。一緒にやれることを頑張りましょう!なんだかわたしが元気をもらったようです。本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします☆

2014年06月10日 / sao #-URL【編集

大好きだと伝えてあげて

はじめまして。私は、三人の子育てをした54歳のおばちゃんです。あ~みんな一生懸命に子育てしたらっしゃるんんだ、と懐かしく嬉しくおもいました。SAOさんだけでなく、コメントをされたみなさんが、ホントに悩みながら一生懸命に子育てしてらっしゃることが嬉しいです。その気持ちがあるだけでみなさんのお子さんは幸せですし、いい子に育ちますよ。おかあさんが一生懸命にがんばっている気持ちは子供には届きます。いっぱい悩んで下さいい。迷ってください。怒ってください。それでいいんだとおもいます。後で振り返ってみたら、すべて万事ok
なんです。ただ、お子さんには、お母さんがどんなにあなた(子供さんを)愛しているか、を、言葉に出して伝えてあげてください。たまには女優になって演技でもいいから、言葉に出して抱きしめてあげてください。
それだけで、子育てってうまくいったりします。
まあ、なが~いスパンでの話なんですがね。
いいなあ、また子育てしたいなあ。今度はこんな風にすればよかったとか、あんなふうにするべきだったとか思いますが、きっと正解とかベストアンサーとかはないんでしょうね。でも、子育てができるのは幸せな事だとおもいます。肩の力を抜いて、とか、頑張らないで、とか言っても無理ですよね。それが子育てなんだと思うし、みんなそうなんでしょうね。
もう孫も生まれた、私ですが、孫には余裕を持って接することができそう。抱き癖なんてきにせずだっこするし、他の子と比較しなくてもすみそうだし。いつまでもおっぱいあげたい。(笑)saoさんはじめ、みなさんの子育てでいいんじゃあないですか。

2014年06月10日 / くれあママ #i1Bt/hXsURL【編集

■まほさん

まほちーん、そんなこと言われたらわたしも涙が止まらないよ(T_T)ありがとう~!!
大抵のことはプラス思考のおかげで何とかなってきたんだけど、こんなわたしでもどうしようもない時期があってね。
だから年に一度集まるのはとても大事な日で、みんなとのあの時間があるから自分自身をリセットできるし、また頑張ろうとパワーをもらえるよ。みんなで話していると子育ての悩みなんて頭の中にないんだよね。相談できなかったんじゃなくて、もうそんなことはどうでもよくて他に話したいことがたくさんなのよ。あ、だからいつも真っ先に召集をかけるのかも(笑)
まほちんがいつかママになって爆発しそうになったときは、いつでも泊まりにおいで!そして、ちょっと子どもと離れたいわ~と思ったときは預かるよ。人手だけは十分足りてるから大丈夫♪
これからも末永~~~くよろしくね。コメントありがとう^^

2014年06月10日 / sao #-URL【編集

■れいさん

れいさん、初めまして。
れいさんの長女ちゃんのお話、我が家の長女と重なるところがあり、れいさんの気持ちを想像するとわたしも涙が出てきました。これはわたしが書いたコメントなんじゃないのかというほど、同じことを思っていました。
「人に甘えてはいけない」と、なぜか思ってしまうんですよね。自分の子だし、自分の育て方一つで改善するんじゃないか、自分でどうにかすべき問題なんだと。まだ生まれてきて2~3年しか経っていない子どもに感情的に怒ってしまって自己嫌悪に陥ったり、何もかも空回りしていた気がします。今思うと、まだまだママになったばかりの自分にそんな技量なんてないのに。お互い、初めての育児でいっぱいいっぱいでだったんですね。
幼稚園に入り、今ではお友達と仲良く遊べるようになったんですね。運動ができるとかお絵描きが上手だとか、そんなことより、ただただお友達と仲良くしているという話を先生から聞くだけでとても嬉しい気持ちになりますね。れいさんも少しホッとされたでしょうね。
「今しかない」、まさにその通りだと思います。いろいろあっても、楽しい日が1日でも多いといいなぁと思います。ご近所さんも、れいさんのお子さんのことを見てくれているんですね。成長が楽しみなんて言っていただけることは、今のこの時代には貴重なことだと思います。わたしは元々かなりポジティブなので、おばさま方からの配慮のない一言も、さら~っと流しています。あ、ということはもう肝っ玉母ちゃんになっていってるのかも(笑)
きっとこれからも壁にぶつかることがあるかもしれませんが、一度立ち止まって、落ち着いて解決策を見つけられるようになりたいなぁと思います。これからは周りにどんどん頼っていきましょうね!
れいさんが経験されたことをこうして教えていただきありがとうございました。一人じゃなかったんだと救われた気がします。これからもどうぞよろしくお願いします♪
コメントのお返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

2014年06月10日 / sao #-URL【編集

■4kidsさん

確かに4kidsさんの仰る通りだと思います。子どもを授かる度に、無事にお腹の中で育ってくれるだろうか、無事に産まれてきてくれるだろうかと心配でたまりませんでした。決して当たり前のことではないんですよね。子どもの成長のほうが著しくて母親がまだまだ追いついていなかったり^^; 子ども達に教えてもらう事も多いし、子ども達が繋いでくれた縁などもあり感謝することばかり。自分のダメなところと向き合うことも結局は子ども達が教えてくれたことですね。
「私たちもここにいる」なんて優しい言葉をかけてもらい涙が止まりません。顔も知らないわたしにこうして包み込むような温かいコメント、本当に本当にありがとうございます。わたしも、4kidsさんが困ったときは手を差し伸べてあげられるようにいつでもスタンバイしておきます!だから、何かあればいつでも教えてくださいね。これからもどうぞよろしくお願いします。コメントのお返事が遅くなりすみませんでした。
衣替え、少し早すぎましたかね(汗)

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■あゆさん

あゆさん初めまして。長く拙い文章を最後まで読んでいただいただけでも嬉しいのに、こうしてコメントまで頂き本当にありがとうございます。
ご飯粒、育児中にもやもやする例えの1つなんですが、ホントきりがないですよね。でも、毎食毎食あーあ!と思いながら拾っているととても虚しい気持ちになるんです。子どもはこぼすものだから仕方ないと割り切ると案外楽になったりします。
ブログ拝見させていただきました。かわいいスカートが、汚れてしまいましたね^^; 娘ちゃん、溝にでも落ちちゃったかな?せっかくのかわいいお洋服だから、洗濯してキレイになったのならいいのですが。そういうことを笑い飛ばせる日もあれば、どうしてー!と思う日もあったり様々ですよね。失敗大歓迎!の気持ちでいつも接してあげられるようになれればいいなぁと思います。「子どもたちの笑顔のために」、とてもいい言葉で感激しました。そう、子ども達の笑顔が何より。そのために自分にできることを無理せず楽しみながらやる。あゆさんの言葉に気持ちが引き締まりました。ありがとうございます♪
これからも、こんなブログですがどうぞよろしくお願いします。コメントのお返事が遅くなってしまいすみませんでした。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■けいさん

ありがとう~~~~(涙)そして、書いてなくてごめ~~~ん(笑)
ハンカチをそっと差し出してあげたかったよぅ。
なるべくなら怒りたくないし楽しく過ごしたいなぁと思いつつ、でもできない自分に悩んだり。もっともっと気楽に構えていたらまた違っていたのかもしれないけど、あの時の自分のことを嫌わず大事にしてあげたいなぁと今になって思うよ。
みんなと話しているとママモードが解除されるから、日頃の育児の悩みをすっかり忘れてしまってて^^; きっと相談しても違う話にいつの間にか変わってて、あはは~で終わるのが目に浮かぶね。年に一度のあの時間は、1年分のパワーを充電するための大事な機会だよ。今年もまた召集かけますので(笑)
慣れない場所で子育てしているけいさんも、いつもお疲れさま。わたし達らしい育児を見つけられたらいいね☆コメントのお返事が遅くなってしまってごめんね。そして、スタバの味が少ししょっぱくなってしまってごめんね。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■nanaさん

nanaさん初めまして。いつも読んでいただきありがとうございます。嬉しいです^^
nanaさんは我が家の少し先をいくお姉ちゃん達のママさんなんですね。数年後にはnanaさんのお宅のようになrんですね、想像するとワクワクドキドキ。先輩ママのnanaさんも今でも悩みながらと聞き、まだまだ先は長いんだなぁと思うと同時に、もし悩んでも、悩んでいるのは一人じゃないんだと思えそうです。年頃の女の子は口がたつので難しいですね。9歳の長女でさえすでに言う事が達者で困っています。ついカーッとなって口げんかにならないように気を付けなければ^^;
子ども自身から学ぶこと、子どもを育てていくうえで周りから学ぶこと、どちらもたくさんあると思います。流されず自分に合うものを選び取って活かせたらいいですね。わたしも周りへの感謝の気持ちを忘れず頑張ろうと改めて思いました。気付かせていただき本当にありがとうございます!
これからも、『思春期女子』特有の悩みも出てくるかと思いますが、そのときは是非体験談など教えていただけると有難いです^^ 
コメントありがとうございました。また、お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■りんりんさん

りんりんさん、大丈夫ですか?いつもコメントでは明るいりんりんさんが、毎日こんな状況だったとは。実のご両親にも頼めず、義両親にも頼みづらい環境、言ってもまだまだわかってくれない子ども達。いっぱいいっぱいになりますね。
「保育士してたから大丈夫」なんて余計につらい一言。りんりんさんが言われたときのことを考えると胸が痛いです。痛すぎます。例え保育士さんだろうが、我が子に対して悩みを持つというのはみんな同じことなのに。そういう事を言われると、どんどん胸の奥に溜まってしんどくなる一方ですね。
いろいろな方のコメントを読んでいても、1人目は特にいろいろなことを気にしてしまうものなんでしょうね。初めてなんだからやっぱり仕方ないんですよ。親も子も何もかも未経験なんだから躓いて当然なんです。だから、自分を責めたりしないでくださいね。りんりんさんには、りんりんさんにしかできないやり方がきっとあると思います。あまり頑張りすぎず、もっと甘えていいと思います。「保育士でもわからないことはわからないのよ~」と思い切って言っちゃっていいと思いますよ。
お互いまだまだ子育ては続きますが、肩の力を抜きながらやっていきましょう♪りんりんさんの心の叫び、しかと受け止めました!
コメントのお返事が遅くなってしまいすみませんでした。これからもどうぞよろしくお願いします☆

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■ちなさん

ちなさん初めまして。2歳4ヶ月の双子ちゃん、ももいろと近いですねー、お知り合いになれて嬉しい&心強いです!
この時期の2人同時のグズリ、すさまじいですよね。子ども達がお昼寝しているときにまじまじと見ながら「あー、こんな怪獣を2人(2匹?)同時にみるなんて、やっぱり体力いるわ。」と思ってしまいます。単に人数が多いからだけじゃなくて、悪い意味の相乗効果で大変さUPという場面も多いですからね。でも、1人1人をじっくり見ていると、毎日できることも違うし、かなり見応えがあります^^ 我が家では「○○しないよ」という代わりに「○○しようか」という言葉をよく使います。例えば「全部食べてしまわないと遊べないよ」ではなく「全部食べたら遊ぼうか」というカンジです。もちろん一度で聞くことばかりではありませんが、そういう声かけをしていると、ダメダメばかり言わなくて済んで、自分の気持ちも後ろ向きにならないんです。
今は動きも活発で、日に日に1日の疲労度が増してきたのはきっとちなさんも同じではないでしょうか^^; これからの季節、暑いしジメジメだしグズるしと三重苦ですが(笑)、お互い、バタバタしている状態をマイナスばかりと捉えず過ごしていけたらいいですね。わたしも、近くに住んでいたらお友達になってほしいですー!!
これからもどうぞよろしくお願いします。コメントお返事が遅くなってすみませんでした。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

こんにちは。
いつも楽しく読ませていただいています。
私も ももいろちゃんママと同じで母になって10年目。しみじみと うんうんと思いながら読ませて頂きました。
本当、育児って楽しいだけじゃないんですよね~。
私も双子+1人の母なので、毎日楽しかったり沈んだり色々です。
ももいろちゃんママのブログ、いつも素敵で明るくてすごいなぁ~と思っています。これからも楽しく読ませていだきます。お互い頑張りましょう!!

2014年06月11日 / ゆうみい #pprjMJPoURL編集

■あやかさん

友人の結婚式、いいですね。わたしも誓いの言葉を聞くと当時の初々しい気持ちを思い出します。忘れてしまいがちだけど、夫婦であのときの気持ちを大切にしてさえいれば、何か問題が生じてもなんとかいくような気がします。そして子どもたちがいてくれるおかげで笑い声も笑顔もたくさん増えた。幸せは身近なところにたくさんあるということを再確認しなければいけませんね^^
長女ちゃんは帝王切開での出産だったんですね。わたしは4人とも自然分娩だったのですが、お恥ずかしいことに、あやかさんのような思いをされている方がいらっしゃるなんて全く知りませんでした。あやかさんにとっては、今でも心に残る思いなんですね。軽々しく聞こえてしまうかもしれませんが、「産んでやれず」なんてどうか思わないでください。赤ちゃんの無事の誕生を祈りながら、ただそれだけを願って妊娠中を過ごされてきたかと思います。長女ちゃんが無事に産まれてきてくれて、こうして今あやかさんと一緒に毎日を過ごしているという事だけで何よりの宝物です。
あやかさんの「できる限り見守る」やり方はわたしも大賛成です。これからもっともっといろんなことに挑戦していく時期。そのときに先回りすることなくその子のペースに寄り添う。わたしも改めてそう思わせてもらいました。ありがとうございます。
アキレスのマット、早速検索してみます!手を抜けるところは抜いていかないと大変ですからね。そういうものにお金を投資するのはアリですね♪結果的に時間にも心にもゆとりが生まれると思います^^
コメントのお返事が遅くなってすみませんでした&いい商品教えていただきありがとうございます。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■はなさん

初めまして☆いつも読んでいただきありがとうございます。嬉しいです~♪
24歳で出産されたんですね!しかも双子。はぁぁぁ、大変という言葉では収まりきらないほど慌ただしい毎日だとお察しします。本当にお疲れさまです。「怒涛のよう」まさにその通り!ももいろがそのくらいの月齢のときは、今日が何曜日なのか、今何時なのか、気にする余裕もないまま、ただ突っ走っていました。あのときのわたし、笑っていたかな?あまり自信がありません。。。わたしは長女を25歳で出産しました。当時は体力こそあったものの経験がなく(当たり前なのだけど)、毎日どうにかこうにかやっていました。はなさんは、周りに自分のありのままの気持ちをお話しできる方はいらっしゃいますか?^^ 子ども達としっかり向き合うには、時々心をリセットしないとしんどくなってしまいます。こんなこと言ったら笑われるかな、変に思われるかな、なんて気にせず不安なことやイヤな気持ちを吐き出す機会があるといいですね。
ママがつぶれてしまっては一大事!手を抜くところはとことん抜いて、家族が笑って過ごせる時間がたくさんできるような毎日でありたいですね☆何かありましたら、いつでもコメントください。他のみなさんもきっと相談に乗ってくださると思いますよ。
はなさんのおかげで、長女を出産したときのようなフレッシュな気持ちに戻ることができました。わたしも、自分のペースでまた頑張ろう♪
コメントありがとうございました。お返事が遅くなってしまいすみませんでした。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■Rinさん

初めまして。ブログを見つけていただき嬉しいです。
Rinさんは息子くんの人見知りな性格にずっと悩んでおられたんですね。人見知りの子は心が優しい子なんだよ~などと言われたこともあるかもしれませんが、いっぱいいっぱいのときにはなかなか心に入ってきませんよね。せっかくなら元気に遊んでほしい、元気に手を挙げて欲しい、そう思ってしまう気持ちわかります。(Rinさんが仰る通り、ホント同じような思いをされたママさんがたくさん!)
我が子のペースに目線を合わせて子どもをみていくと、焦る気持ちが消え、イライラしたりもどかしくなることも減るかもしれません。
外で元気いっぱい遊んでいる子のママは、もしかすると「どうしてもっと静かにしてくれないのかしら」と悩んでいるかもしれません。まさに「隣の芝生はなんとやら」ですね^^
毎日お忙しいなか長文を読んでいただいたうえ、こうしてコメントまでくださり本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。お返事お待たせしてしまい、すみませんでした。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■ゆじゅさん

ありがとうございます^^ えぇ、いろいろあったんです。そして今も毎日いろいろあります~(笑)「良いところを伸ばすお手伝い」なるほど、子育てにおける親の役割はそこが大部分なのかもしれませんね。そう思うと自然と子ども目線になり、カリカリしなくて済むのかも。勉強になります♪
長男くん、空手を始めることになったんですね。練習に行きだして、だんだんと空手を好きになってくれることを期待しましょう!
魔の2歳児、そうだった・・・そういう言葉ありましたね。すっかり忘れておりましたがそうそう、魔の2歳児が2人もいたら確かにそりゃ大変だ(汗)
ぶつかった壁が大きいときには無理せず、流れに身を任せるのも一つの手かと思います。どうぞあまり無理されませんように^^ コメントありがとうございました。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■くれあママさん

初めまして。3人のお子さんを育て上げられたベテランママさんにこのような記事を読んでいただいたなんて本当に畏れ多いです!「愛していると言葉に出して抱きしめてあげる」、しっかりと心に留めておきます。なかなか照れ臭くてできないのですが、たった一つのその一言やぬくもりが、子ども達の心に届くんですよね。子育てができること、本当に幸せなことだと思います。つらい気持ちも楽しい気持ちも全て子育ての醍醐味だと思うと、心が軽くなるような気がしました。
くれあママさんに迷っていいなんて言われて、何もかも包み込んでもらったようで涙が出るほど本当に嬉しかったです。子育て中の全てのママに是非読んでもらいたい言葉だと感じています。
くれあママさんのお孫さんもとっても幸せでしょうね^^ かわいくてかわいくて仕方がない様子が目に浮かびます。
わたしも将来くれあママさんのような存在になりたいな☆
温かいコメント本当にどうもありがとうございました。迷ったときはくれあママさんに頂いたコメントを読み返そうと思います。

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

■ゆうみいさん

ゆうみいさん初めまして^^ いつも読んでいただいているなんて嬉しいです、ありがとうございます♪
ゆうみいさんも同じ時期にママになられたということですね^^ 思えばあっという間でしたよね。
そうそう、楽しいだけじゃない。悩むこともつらいこともどうしようもないこともたくさん。でも、やっぱりどんなときでも力をくれるのは最終的には子ども達なんですよね。まだまだ先は長いですが、お互い無理ない程度に頑張りましょう♪
これからもどうぞよろしくお願いします。また、双子ママの先輩(ブログ拝見しました~☆)としてもいろいろと教えてくださいね^^ 

2014年06月11日 / sao #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。