スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | TOP

自然分娩で双子を出産

ももいろの出産のこと。


入院中
、出産は正期産に入る2月15日以降を
計画していました。

にほんブログ村 トラコミュ 妊娠・出産エピソードへ
妊娠・出産エピソード



2月14日(36w6d)
朝6時 お腹の痛みで目が覚める。
しばらく待ってみても鈍い痛みは治まらず、
ナースコール。
トイレに行くと破水したような感覚。
(ちなみに長女の出産は破水からでした。)

夫と母に「生まれるかもー」と電話。

当直の先生の内診が終わり、
部屋に戻ってモニターを付ける頃には
我慢できないくらい痛みが強くなっていました。
フーフーと呼吸しながらなんとか耐える。

実は長女の出産のときは初めてでめちゃめちゃ痛く、
まだいきんではいけないのに力が入ってしまい、
なかなか子宮口が開きませんでした。
次女の時はフーフーと呼吸で痛みを逃したおかげで、
子宮口がスムーズに開きました。
そのことを思い出し、今回も
いきまないように気を付けました。(意外と冷静)

朝7時半 分娩室へ移動。
(陣痛の痛みで歩けずにストレッチャーで。)

このとき子宮口は9センチ開いていました。
そのあとすぐに主治医の先生到着。

あれよあれよという間に
たくさんの先生、助産師さんに囲まれる。

途中で帝王切開になったときのために麻酔科の先生と、
生まれてきた赤ちゃんをすぐみてもらえるように
小児科の先生もスタンバイ。
前もって聞いてはいましたがすごい数!

1人が出てくる間、お腹にいるもう1人は
エコーで常に観察されていました。

必死に頑張っているとき、見ず知らずの先生に
「まだまだー!」とか「もっとこう!」とか言われ
一瞬、「この人誰??」とイラっとしたことは
ここだけの秘密です。
あまりの痛さにちょっとおかしくなっていました(笑)


午前8時5分 もも誕生 2,286グラム 

顔を見せられてホッとしました。
体重が2,300グラム未満だったので
そのまま小児科へと連れて行かれました。

しばらくしてまた陣痛が。
でも、1回目で既に体が慣れていて
それほど痛くありませんでした。

(たぶんこのころ夫が到着?!)

1~2回いきんで

午前8時12分 いろ誕生 2,512グラム

いろは体重がしっかりあったので
抱っこさせてもらうことができました。
その後いろも小児科へ。

感動というより、あ~終わった~というカンジ。
全身の力が抜け放心状態。
先生たちもぞろぞろと退室。
助産師さんが
「勤務交代の時間なので代わりますね」と。


あ、変な時間に産んですみません・・・


出血が多く、点滴の液を何回も交換し
それでも止まらなかったので飲み薬も。
3時間以上処置が続き、
結局病室に戻ったのはちょうどお昼でした。

病室では夫が待っていてくれました。


この日は全く動けず、
点滴とおしっこの管を一晩中付けていました。
歯磨きは助産師さんがベッドの上で
手伝ってくれました。
体が重くて足を動かすことができません。
背中は痛いけど、寝返りもできず。


にほんブログ村 トラコミュ 出産レポ~それぞれの感動Story~へ
出産レポ~それぞれの感動Story~



生まれてすぐ、ももいろはNICUに入りました。
わたしは動けなかったので夫が面会に。
次の日にはGCUに移りました。

~母子手帳の記録より~
分娩時間2時間16分
ドクター6人、助産師5人  11人もいた!



15日(翌日)、わたしも車イスでようやく面会に☆

もも。


いろ。
IMG_0480.jpg



こんな大きいのがお腹に入っていたんだ・・・と
改めて驚きました。

GCUには丸1ヶ月入院していました。
その様子はまたUPしたいと思います。

にほんブログ村 トラコミュ ☆2012年生まれのベビちゃん☆へ
☆2012年生まれのベビちゃん☆




淡々とした出産話にお付き合いいただき
ありがとうございました
お手数ですが最後にクリックお願いします♪
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013年05月22日 | 双子妊娠・出産 | コメント 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。